O2の屋根に登った

By 編集部員(籠)

皆様こんにちは。ロンドンの街中でクリスマス・イルミネーションを見る度に胸がキュンとなるダイジェスト編集部の(籠)です。近年悩まされている花粉症の症状も治まってきて(今年の症状は長くひどかった)、ようやく野外での活動を思い切り再開できるようになりました。ということで、今ロンドンでは巷の話題となっている、とある野外活動の体験記です。

ロンドン五輪で内村航平選手が金メダルを獲得した体操競技の会場O2*。普段はコンサート会場なんかとして使われています。もしこの会場に足を運ぶ機会があれば、ぜひ屋根の上を見てください。こんな人たちがいます。

O2の屋根に登った

ドームの屋根を登っている人たちがいるの

そうなんです。このドームの屋根に登れるんです。しかもなんかロック・クライミングみたいで本格的でしょ? 実際、登るのはかなりハード。

このクライミング・ツアーに参加すると、最初に小難しそうな英語の書類にサインさせられます(たぶん「屋根から滑って落ちてもすべて自己責任です」的な宣誓書なんだと思います)。で、次に宇宙服みたいのに着替える。

O2の屋根に登った

似合う人と似合わない人がわりとはっきりと分かれる服装です


あとはガイドさんというか教官みたいな人が登り方(手すりと体をつなぐ留め具の使い方とか)について細かく指示してくれるので(この英語の説明を自分で理解できるか代わっていちいち日本語に訳してくれる人が側にいないと正直かなりつらいと思う)それに従いながらひたすら登るのみ。足がツルツル滑って、腕力で自分の身体を支えなけりゃいけないので、何度も言いますがかなりハードです。

O2の屋根に登った

安全服に取り付けられた留め具を中央の手すりに
引っかけながら、青い部分の上を歩きます

頂上はさすがに絶景。記念写真をハイ、ポーズ。

O2の屋根に登った

背景は金融街のカナリー・ワーフ。微妙に足がすくんでいるのはご愛嬌

このツアー開始当初はしばらく予約でいっぱいだったのですが、最近はチケットが取りやすくなっているよう。ご興味ある方は、o2のサイトからお申し込みください。
http://www.theo2.co.uk/do-more-at-the-o2/up-at-the-o2

それではごきげんよう。

*O2のことを、スポンサー契約云々に関して細かい人が「ノース・グリニッジ・アリーナ」とか少し古い世代の人が「ミレニアム・ドーム」と呼んだりしますが、どれも結局同じドームのことです。

前の記事:
次の記事: