カテゴリ:アート

木梨憲武さんのアート展「Noritake Kinashi London Exhibition -moment-」に行ってきた

お笑いタレントであり、歌手、俳優、そしてアーティストとしても活躍されている木梨憲武さんの、欧州初の個展が2018年6月21日(木)~24日(日)の4日にわたり開催される。 一般公開に先立ち、前日のレセプションにお呼びいただきお伺いいたしました!

祝マッキントッシュ生誕150周年! -グラスゴーにあるゆかりの建築物を紹介-

本日2018年6月7日は、アール・ヌーヴォー期におけるグラスゴー派の建築家でデザイナーのチャールズ・レニー・マッキントッシュ(Charles Rennie Mackintosh 1868年6月7日〜1928年12月10日)の生誕150周年記念の日です。

ウェス・アンダーソン監督の新作映画「Isle of Dogs(犬ヶ島)」のエキシビション&ヌードル・バー

ウェス・アンダーソン監督の新作映画「Isle of Dogs(犬ヶ島)」のエキシビション&ヌードル・バーが、ロンドン中心部のストランドで開催中ということで、早速行ってきました。

光の祭典「リュミエール・ロンドン 2018」

スケールアップして、2年ぶりにロンドンに再登場した光のアート・イベント「リュミエール・ロンドン」から、印象に残った作品を紹介します。

バンクシーとバスキアがコラボ!? 新作がバービカンに登場

覆面グラフィティ・アーティストのバンクシーの新作がバービカンに登場、しかもバスキアとの幻のコラボということで、さっそく観に行ってきました!

オープン・ハウス・ロンドンのおすすめ建築

毎年恒例ロンドンの建築イベント、オープン・ハウスが今週末(9月16日&17日)開催されます。ロンドンの数あるイベントのなかでも満足度の高いイチオシです。

小林賢太郎さんの「ポツネン氏の奇妙で平凡な日々」、 ロンドン公演を観てきました!

先日、ロンドンのプリント・ルームで行われた小林賢太郎さんの「ポツネン氏の奇妙で平凡な日々」、ロンドン公演を観てきました。 劇場は、ロンドン西部のノッティング・ヒル・ゲート駅からすぐの場所にあり、 19世紀末に劇場としてオープンし、その後に映画館として使用されていたこともある、とても歴史のある建物です。

大英博物館で開催中の北斎展ペア・チケット(3組6名様)をプレゼント!

江戸時代に活躍した浮世絵師、葛飾北斎の作品展が大英博物館で開催中。 抽選で3組6名様に北斎展のペア・チケットをプレゼント!

「至極の喜び – フランク・ブラングィンと日本のアート」展

ウィリアム・モリス・ギャラリーで5月14日まで開催されている「至極の喜び - フランク・ブラングィンと日本のアート」展に行ってきました。ブラングィンが集めた北斎や広重などの浮世絵コレクションだけでなく、漆原由次郎とのコラボ作品なども一緒に展示されています。

初めてのスコットランド – エディンバラ小旅行記

こんにちは、英国ニュースダイジェストの(紅)です。 スコットランドへは行ったことがなかったのですが、この度機会を得て、エディンバラに小旅行して参りました。訪れた場所を写真でご紹介します!

ロンドン大火 350周年記念展「Fire! Fire!」

ロンドン・ミュージアムで開催中のロンドン大火350年記念展「Fire! Fire!」に行ってきました。このエキシビション、4日間ものの間、ロンドンの街が燃え続けた大惨事だったにも関わらず、ウェブサイトを始め、関連グッズなどのデザインがポップな可愛らしい仕上がりなのです。

ロンドン大火から350年 記念イベント「London’s Burning Great Fire 350」

1666年9月2日に発生したロンドンの大火から350年を記念して、シティでさまざまなイベントが開催中です。ロンドンの大火については、シティ公認ガイドの寅七さんのコラムでも度々登場する大事件です

ナショナル・ギャラリーのドラクロワ展に行ってきた

ロンドンのナショナル・ギャラリーで5月22日まで開催されている、ドラクロワ展に行ってきたのでご報告させていただきます。私事で恐縮ですが、美術館は好きだけど画家や美術史に特別詳しい訳じゃない、しいて言うならばモネやルノワールなどの印象派の作品が好き。

ジャコメッティ展についての講演会に行ってきた

ロンドンのナショナル・ポートレート・ギャラリーで開催されているジャコメッティ展についての講演会に行ってきたので報告申し上げます。アルベルト・ジャコメッティとは、20世紀を生きたスイス人彫刻家・画家。いわゆる近代アートの巨匠の一人として西洋美術史に名を残す人物であり、現在はスイスの100フラン紙幣に彼の肖像画が描かれています。

「ミレイの傑作『オフィーリア』の正体とは」余話

今年11月に、弊誌では英国の美術史における最高傑作の一つ「オフィーリア」のモデルとなったエリザベス・シダルという名の女性の人生に迫る特集記事を組みました。未読の方はこの機会にぜひ。

オードリー・ヘップバーンの写真展に行ってきた

突然ですが、皆さんにとって憧れの人は誰でしょうか。私にとって憧れの人というのはたくさんいて、一人に絞ることはなかなか難しいのですが、その中の一人にオードリー・ヘップバーンがいることは間違いないでしょう。

ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツのサマー・エキシビションに行ってきた

アート好きの皆さん! 夏の一大イベント、ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツが開催する「サマー・エキシビション」の季節となりました。今回は一般公開前のプレス・ビューに行ってきたので、ご報告させていただきます。

ロンドン博物館の「シャーロック・ホームズ」展に行ってきた

10月16日、ロンドン博物館で17日から開催されているシャーロック・ホームズ展のメディア・プレビューに行ってきました。BBCの人気ドラマ「シャーロック」で、シャーロック役のベネディクト・カンバーバッチが着用したコートやドレッシング・ガウンも展示されるとあって、世界中のシャーロック・ファンから注目を浴びている同エキシビションです。

国会議事堂の裏から発する光の正体

2014年8月4日の夜。第一次大戦に英国が参戦してから100周年を迎えたことを記念して英各地では消灯イベントが実施されるというので、消灯を行う建物の目玉の一つである国会議事堂に行ってきました。

ウォータールー駅近くにある落書きだらけの道

皆様こんにちは。英国ニュースダイジェスト編集部の(籠)です。イギリスらしからぬ天気の良い日が続きますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。暑い日に限ってロンドン地下鉄が止まって車内で数十分も立ち往生みたいなことが起こりがちなので、ペットボトルなんかを持ち歩くといいですよ。