最も過激 ?! ルイスのガイ・フォークス・ナイト

こんにちは、(紅)です。
すっかり秋を通り越して、冬がやってきたかのようなロンドン。寒いです。
日本ではここ数年ハロウィンが盛り上がっているようですが、英国ではハロウィンより盛んともいえる定番行事「ボン・ファイヤー・ナイト(Bonfire Night)」があります。
毎年11月5日に行われる、400年近い歴史をもつこの行事。あまり日本では馴染みがないですよね?
ここで簡単にご説明しましょう。

まず、ボン・ファイヤーとは「大かがり火」のこと。
「ボン・ファイヤー・ナイト」は別名「ガイ・フォークス・ナイト」とも呼ばれますが、ガイ・フォークスとは一体? そう思った方もこの仮面を一度は見たことがあるのではないでしょうか。

アノニマス(anonymous)=匿名を表すガイ・フォークスの仮面

アノニマス(anonymous)=匿名を表すガイ・フォークスの仮面

このお面のモデルになった人物こそ、イングランドで1605年に発覚した火薬陰謀事件(政府転覆未遂事件)の実行責任者として有名なガイ・フォークスです。彼を含むカトリック教徒らの結成したグループが、イングランド王ジェームズ1世の清教徒宗教政策を覆し、国王と政府の要人暗殺を目論む「国会議事堂爆破」という前代未聞の陰謀を企てました。しかし実行直前で匿名の密告により明るみになった容疑者らは、大逆罪で処刑されてしまいます。そして事件を防いだ政府が、11月5日を「命を救い給うたことを神に感謝する日」として祝日に設定したことをきっかけに、かがり火を焚いて各地で祝うようになったというわけです。

中でもイングランドのイースト・サセックスに位置する、ルイス(Lewes)という街で行われる「焚き火祭り」は有名です。英国で最も過激な行事といっても過言ではないこのお祭り。私は数年前まで隣町ブライトンに住んでいたので、2回ほど行く機会がありました。

この日は、年に一度の一大イベントをひと目見ようと全国各地から観光客が訪れます。
日が暮れて辺りが暗くなってきたら、そこはまるで映画の世界。

燃え盛るトーチを持ち練り歩く、仮装した街人。辺り一帯でけたたましく響き続ける大砲や爆竹の音。充満する火薬の匂い。不気味なガイ・フォークス人形が滑車にくくりつけられて運ばれていく姿は、処刑場に向かっているフォークスの当時の様子を想像させ、なんともいえない哀愁を醸しだしています。広場ではかがり火が焚かれ、離れていても熱気を感じるほど。最後には花火を観て、記念日を締めくくります。

トーチを持ち、練り歩く街の人々

トーチを持ち、練り歩く街の人々

ガイ・フォークス人形

運ばれて行くガイ・フォークス人形

ガイ・フォークス仮装

大人も子供も皆仮装をして楽んでいる

大かがり火(ボン・ファイヤー)

大かがり火を見物する若者たち

ルイスの花火

英国の冬の風物詩、花火

さて、一度は行ってみてほしいおすすめのこの迫力満点の「焚き火祭り in ルイス」。
子供はびっくりして泣いてしまうかもしれませんが、英国生活の思い出に残ること間違いなしです!
お出かけの際にはカメラ、耳栓、防寒具をお忘れなく。

ルイスまで行くのは遠いかも……という方へ。ロンドン各地でもイベントが開催されます。
詳しくは英国ニュースダイジェスト1469号に掲載の「ガイ・フォークス・ナイト 6 Best Fireworks Displays in London」をご覧ください。

ガイ・フォークス・ナイトを楽しむための5つの豆知識
http://www.news-digest.co.uk/news/features/15691-guy-fawkes-night.html

「本当の英国」を感じる地方の旅、ルイス
http://www.news-digest.co.uk/news/features/11871-visit-lewes.html

前の記事:
次の記事: