ニュースダイジェストの制作業務
Fri, 28 January 2022

2021年の英国、世界、日本の主要ニュースまとめ
ニュースサマリー2021

1月 January

英国
コロナ変異種拡大でイングランド全土封鎖

(ロンドン 1月5日 時事)英政府は1月4日、イングランド全土でロックダウン(都市封鎖)を導入すると発表した。全土での封鎖は昨年3月と11月に続いて3度目となる。

米国
バイデン氏が新大統領に就任

(ワシントン 1月21日 時事)米民主党のジョー・バイデン氏(78)が1月20日午前、連邦議会議事堂前での就任式で宣誓し、第46代大統領に就任した。既存の秩序を否定したトランプ前政権の4年を経て、新型コロナウイルスと社会の分断で深い傷を負った米国は、大きな転換点を迎えた。

聖書に手を置き大統領就任のための宣誓をするバイデン氏(写真左)聖書に手を置き大統領就任のための宣誓をするバイデン氏(写真左)

世界
核兵器禁止条約が発効

(ニューヨーク 1月21日 時事)核兵器の使用や保有など幅広い活動を違法化する核兵器禁止条約が1月21日、発効した。非加盟国には効力が及ばず、核兵器保有国や日本をはじめ核抑止力に頼る国の加盟も見通せないため、実効性が疑問視されている。米ロ英仏中の核保有国は条約を「国際安全保障上の課題や地域の問題に対処しておらず、兵器1個の削減にもつながらない」と批判し、加盟しない方針。

日本
北陸地方で記録的な大雪

気象庁は1月10日夕、記録的な大雪となっている北陸では強い冬型の気圧配置や低気圧の影響で、11日昼前にかけても降雪が続き、除雪困難な積雪になると発表。新潟、富山、福井各県では10日、死者が相次いだ。新潟県上越市・高田では10日午後2時までの72時間(3日間)降雪量が1メートル87センチに上り、観測史上最多記録を更新。午後10時の積雪は平年の6倍近い2メートル28センチとなった。

日本
緊急事態宣言の対象が11都府県に

政府は1月13日夜、新型コロナウイルス感染症対策本部を首相官邸で開き、緊急事態宣言の対象区域に大阪、京都、兵庫、愛知、岐阜、福岡、栃木の7府県を追加することを決めた。すでに発令している首都圏4都県と合わせ、対象は三大都市圏を含む11都府県に広がる。

2月 February

英国
医療支援の100歳男性が死去

(ロンドン 2月3日 時事)新型コロナウイルス対策の最前線に立つ医療従事者支援のため多額の寄付金を集めた退役軍人トム・ムーアさんが2月2日、南部ベドフォードの病院で死去した。100歳だった。昨年春、英国営医療制度「国民保健サービス」(NHS)を応援するため自宅庭を100往復して募金活動を行い、最終的に約3280万ポンド(約47億円)を集めた。

英国
シンガポールとのFTAが発効

(シンガポール 2月11日 時事)シンガポールと英国の自由貿易協定(FTA)「UKSFTA」が2月11日、発効した。1月1日に暫定的に発効していたが、法的要件などの手続きが完了し正式発効となった。新協定により、英国が欧州連合(EU)を離脱後も両国企業は既存のシンガポール・EU間FTAと同様の恩恵を享受できる。

英国
ハリー王子夫妻が王室を「最終離脱」

(ロンドン 2月19日 時事)昨年3月に英王室の主要公務から引退したヘンリー王子と妻メーガン妃がエリザベス女王に対し、「最終的な離脱」の意思を伝えた。王室が2月19日発表した。これにより、夫妻が務めてきた軍の名誉職や慈善団体などのパトロン(後援者)の役職を返上する。

ミャンマー
スーチー氏や大統領が拘束

(バンコク 2月1日 時事)ミャンマー国軍系のミャワディ・テレビは2月1日、全土に非常事態宣言が発令され、国軍のミンアウンフライン総司令官が全権を掌握したと報じた。与党・国民民主連盟(NLD)筋によると、国軍はアウンサンスーチー国家顧問やウィンミン大統領を拘束。同筋は「国軍によるクーデターが発生した」と非難した。

日本
森会長が辞任を表明

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)が2月12日、女性蔑視発言の責任を取って辞任する意向を表明した。同日、東京都内で開かれた理事と評議員、監事を集めた臨時の「合同懇談会」で「私の不適切な発言が原因で大変混乱させてしまった。五輪開催の準備に、私がいることが妨げになってはいけない」と述べた。

日本
コロナ・ワクチンの承認が決定

厚生労働省は2月12日、薬事・食品衛生審議会の専門部会を開き、米製薬大手ファイザーが申請した新型コロナウイルス・ワクチンの承認を了承した。厚労省は、緊急時に審査を簡略化できる「特例承認」に基づき、国内初の新型コロナ・ワクチンとして正式承認する。

3月 March

英国
財政再建で50年ぶり法人税引き上げ

(ロンドン 3月4日 時事)英政府は3月3日、現在19%の法人税率を2023年に25%に引き上げると発表した。新型コロナウイルスの経済対策で巨額の支出を行ってきたことで、景気てこ入れに加えて財政再建も進める必要に迫られた。ロイター通信によると、法人税率の引き上げは1974年以来約50年ぶりとなる。

英国
「国家ビジョン」示す安保外交見直しを発表

(ロンドン 3月16日 時事)英政府は3月16日、安全保障や外交の中長期計画を定めた「安保・国防・外交政策統合レビュー(見直し)」を発表した。冷戦終結後で最も包括的な対外・防衛政策の見直しとなり、英国が向こう10年間で目指す新たな「国家ビジョン」が示された。

世界
東日本大震災10年に各国から追悼

(台北、パリ、ブリュッセル、ニューヨーク、ソウル 3月11日 時事)東日本大震災から10年の3月11日、海外から追悼のメッセージが寄せられた。激励の気持ちや、復興の取り組みへの敬意も示された。

日本
高額接待の山田広報官が辞職

山田真貴子内閣広報官(60)が3月1日、辞職した。菅義偉首相の長男正剛氏が勤める放送関連会社「東北新社」から高額接待を受けており、事実上の引責とみられる。首相は当初、給与の一部返納にとどめ続投させたが、与野党の批判が強く、方針転換を余儀なくされた。

日本
聖火リレーが福島でスタート

47都道府県を巡る東京五輪の聖火リレーが3月25日午前、福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」でスタートした。新型コロナウイルスへの懸念が消えないなか、感染対策と機運醸成の両立を図り、7月23日の開会式まで4カ月の長丁場を進める異例の運営。初日は福島県の沿岸部を中心に火をつなぎ、南相馬市で行程を終えた。

4月 April

英国
フィリップ殿下が死去

(ロンドン 4月9日 時事)英王室は4月9日、エリザベス女王(94)の夫フィリップ殿下が同日、ロンドン郊外のウィンザー城内で死去したと発表した。99歳だった。英君主の配偶者期間としては最長となる73年4カ月の間、公私両面で妻を支え続けた。「放言癖」でしばしば世間を騒がせながらも、気さくな人柄で国民に親しまれた。

2017年6月に撮影されたフィリップ殿下(写真右)2017年6月に撮影されたフィリップ殿下(写真右)

英国
規制緩和でパブやレストランが再開

(ロンドン 4月12日 時事)イングランドで4月12日、新型コロナウイルス感染拡大阻止のための規制がさらに緩和され、パブやレストランの屋外部分のほか、ジム、美容院などが営業を再開した。

台湾
特急脱線で50人死亡

(台湾 4月2日 時事)台湾東部、花蓮県で4月2日午前9時30分ごろ、交通部(交通省)台湾鉄道管理局(台鉄)が運行する特急列車が脱線した。一部の車両は大破し、同部によれば運転士ら乗務員2人を含む50人が死亡、146人*が重軽傷を負い病院に運ばれた。*9日、負傷者は218人に増加した

欧州
欧州議会が英EU貿易協定を承認

(ブリュッセル 4月28日 時事)欧州連合(EU)欧州議会は4月28日、昨年末にEUから「完全離脱」した英国との自由貿易協定(FTA)について、同27日に行った採決の結果、賛成多数で承認したと発表した。これに伴いEU側の批准手続きがほぼ完了し、年明けに暫定発効されたFTAは5月1日に正式に発効する。

日本
原発処理水を海洋に放出へ

政府は4月13日、東京電力福島第1原発から出る放射性物質トリチウムを含む処理水への対応を話し合う関係閣僚会議を開き、2年後をめどに希釈した処理水を海洋放出する方針を正式決定した。菅義偉首相は会議で「処理水処分は廃炉に避けて通れない課題」と強調し、決定に理解を求めた。

日本
熊本地震から5年で追悼式

震度7を観測した熊本地震の前震から5年となる4月14日、熊本県庁で犠牲者の追悼式が開かれた。遺族ら34人が参列し、亡くなった276人の冥福を祈った。式典は新型コロナウイルス感染対策で出席者を限定。動画投稿サイト「ユーチューブ」で初めてライブ配信された。

5月 May

英国
北アイルランド「誕生」100年

(ロンドン 5月1日 時事)英領北アイルランドが南側のアイルランドと分離し、英国に統合されて5月3日で100年。当局は「連合王国の連帯を示す機会」と位置付けるが、英統治維持を望むプロテスタント系と、アイルランド統一を求めるカトリック系の対立が続く北アイルランドの帰属問題は未解決のまま。帰属をめぐる問題は今もくすぶる。

英国
「ワクチン効果」で保守党快勝

(ロンドン 5月10日 時事)イングランドで5月6日投票が行われた地方選は、同10日までに結果が判明、ジョンソン首相率いる国政与党・保守党が、国政最大野党・労働党の伝統的地盤を奪うなどして快勝した。新型コロナウイルスのワクチン計画が順調に運び、社会が正常化に向かいつつあるなか、「コロナとの戦い」での政権の指導力が評価された。改選対象はイングランド143自治体の議会。

パレスチナ
交戦の死者が200人を超える

(イスタンブール 5月17日 時事)5月10日に始まったイスラエル軍とパレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスの交戦による死者は同16日、双方合わせて202人となった。ロイター通信によると、16日の空爆ではガザの複数の家屋が破壊された。*20日の停戦時、双方合わせて死者255人となった

中国
子ども3人まで容認へ

(北京 5月31日 時事)中国共産党は5月31日の中央政治局会議で、1組の夫婦に子どもを2人まで認める制限を3人までに緩和する方針を示した。国営新華社通信が伝えた。中国は2016年に「一人っ子政策」を撤廃し、「二人っ子政策」を導入した。しかし、少子化の流れに歯止めはかかっておらず、「三人っ子政策」の効果は不透明だ。

日本
五輪中止に署名35万筆超

元日弁連会長の宇都宮健児氏は5月14日、東京五輪・パラリンピックの開催中止を求めるインターネット署名活動を踏まえた要望書を、国際オリンピック委員会(IOC)と国際パラリンピック委員会(IPC)、東京都に提出した。集まった署名は同日午前で35万筆を超えた。

日本
大規模ワクチン接種の予約開始

国が東京と大阪で予定する新型コロナ・ワクチン接種の予約が5月17日、始まった。インターネット限定で、東京会場分は午前11時、大阪会場分は午後1時ごろからスタート。まずは対象を東京23区と大阪市に住む65歳以上の高齢者に限り、徐々に拡大する。

6月 June

英国
民主統一党のプーツ新党首が辞任

(ロンドン 6月18日 時事)英領北アイルランド自治議会第1党・民主統一党(DUP)の党首に5月に就任したばかりのプーツ党首が6月17日、辞任を表明した。英国の欧州連合(EU)離脱合意を受けた「国境問題」で揺れる北アイルランド政治に、新たな混乱が生じた形だ。英国とEUは離脱に伴い、北アイルランドと英本土間に物流規制を設けることで合意。アイリッシュ海に事実上の「境界」が引かれることになった。この問題への対応を批判されたフォスター前党首の辞任を受け、プーツ氏が5月27日、新党首に就任。プーツ氏は自身の側近を自治政府の首相職に指名したが、党内の支持を得られず、辞意表明に追い込まれた。

英国
ハンコック保健相が不倫で辞任

(ロンドン 6月27日 時事)ハンコック保健相は6月26日、側近の既婚女性との不倫が報じられたことを受け、引責辞任した。新型コロナウイルスの対応に追われるなか、国民に社会的距離の確保を呼び掛けておきながら、自らこれを無視して女性とキスしている写真が流出していた。

G7
首脳宣言で「台湾」に初言及

(コーンウォール(英南西部)6月14日 時事)先進7カ国首脳会議(G7サミット)は6月13日午後、首脳宣言を採択して閉幕した。宣言は初めて台湾に言及、「台湾海峡の平和と安定の重要性を強調し、両岸問題の平和的解決を促す」と明記した。

香港
リンゴ日報が当局圧力で廃刊

中国共産党や政府への批判的姿勢で知られる香港紙、蘋果日報(リンゴ日報)は6月24日、最後の朝刊を発行し、26年の歴史に幕を下ろした。香港主要紙で唯一、民主派支持を堅持し続けた同紙の存続は「一国二制度のバロメーター」と見なされてきたが、当局の度重なる圧力を受け、廃刊に追い込まれた。異論排除の動きは加速し、中国本土的な報道統制が実現しつつある。*27日、元主筆の馮偉光氏は国家安全維持法(国安法)違反容疑で逮捕された

日本
改正国民投票法が成立

憲法改正国民投票の利便性を高める改正国民投票法は6月11日の参院本会議で、賛成多数で可決、成立した。2018年6月の提出から3年を経て、審議が終結した。自民党は次の国会から改憲論議に着手するよう求める構えで、立憲などとの攻防が激化しそうだ。

日本
最高裁が夫婦別姓を認めず

夫婦別姓を認めない民法と戸籍法の規定は違憲として、事実婚夫婦が別姓による婚姻届受理を求めた3件の家事審判の特別抗告審で、最高裁大法廷は6月23日、規定を「合憲」とし、申し立てを棄却する決定を出した。15人の裁判官中11人の多数意見。4人は違憲とする意見や反対意見を出した。

7月 July

英国
コロナ規制ほぼ全廃へ

(ロンドン 7月13日 時事)イングランドでの新型コロナウイルス規制を7月19日にほぼ全面解除する英政府の計画について、ジョンソン首相は同12日、予定通り実施すると確認した。

英国
リヴァプールが世界遺産から抹消

(ロンドン 7月22日 時事)国連教育科学文化機関(ユネスコ)は7月21日、英中部の港湾都市リヴァプールを世界遺産から抹消すると発表した。18~19世紀の面影を残す街並みが世界遺産に登録されていたが、その後の都市開発で歴史的景観が破壊されていると判断した。

世界
デジタル課税導入に合意

(シリコンバレー 7月2日 時事)経済協力開発機構(OECD)の会合で7月1日、世界の130カ国・地域が共通のデジタル課税を導入することで大筋合意した。国境を越えて事業を展開する巨大IT企業を狙い撃ちした枠組みで、実現すれば米グーグルなどの税負担が増えるのは確実だ。

世界
新型コロナの死者400万人超

(7月8日 時事)世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は7月7日、新型コロナウイルスによる世界の死者が400万人を超えたことを明らかにした。死者は4月中旬に300万人を超え、そこから3カ月弱でさらに100万人が亡くなった。

イスラエル
スパイウエア、仏大統領も標的か

(7月21日 時事)イスラエルの民間企業「NSOグループ」が開発したスパイウエアが専制国家などで利用され、各国の記者や政治家らのスマートフォンから情報を抜き取っていたとされる疑惑が波紋を呼んでいる。フランスのマクロン大統領が標的だった可能性も浮上している。スパイウエアの名称は「ペガサス」。NSOが犯罪抑止やテロリスト監視を目的に開発したソフトウエアとされる。

日本
熱海土石流で依然20人が安否不明

静岡県熱海市で起きた土石流災害は7月10日、発生から1週間となった。これまでに確認された死者は9人。依然として20人が安否不明で、この日も朝から警察や消防、自衛隊が約1700人態勢で懸命の捜索を続けた。※12月時点で死者26人、行方不明者1人

日本
東京五輪が開幕

第32回夏季オリンピック東京大会は7月23日夜、開幕した。新設された東京・国立競技場で午後8時から開会式が無観客で行われ、天皇陛下が開会宣言された。東京での五輪開催は1964年大会以来、57年ぶり2度目。新型コロナウイルスの影響で史上初めて1年延期され、緊急事態宣言下での異例の幕開けとなった。選手や関係者にもコロナの陽性確認が相次ぐなかで、節目の日を迎えた。

東京五輪の開会式で聖火(左下)がともされ、打ち上がる花火=7月23日、東京・国立競技場「時事(JIJI)」東京五輪の開会式で聖火(左下)がともされ、打ち上がる花火=7月23日、東京・国立競技場「時事(JIJI)」

8月 August

英国
女性嫌悪思想が影響した乱射事件が発生

(ロンドン 8月17日 時事)英南西部プリマスで5人が犠牲になる銃乱射事件が起き、自殺した容疑者の男が感化されていた可能性がある「インセル」というインターネット上の運動に注目が集まっている。インセルは女性蔑視につながる危険性を指摘されており、その影響力からテロと見なすべきだと訴える声も出ている。事件は8月12日夜、プリマスの住宅街で発生した。銃で武装した男(22)が家屋に押し入り自身の母親を殺害し、さらに路上で3歳の女児を含む通行人ら4人を射殺した後、自殺した。

英国
アフガン難民2万人を受け入れ

(ロンドン 8月18日 時事)ジョンソン首相は8月18日下院で、イスラム主義組織タリバンが復権したアフガニスタン情勢をめぐる対応策を発表した。アフガン難民の支援に関し、最大2万人を英国に定住させる計画を正式表明した。

米国
アフガン戦争の終結を表明

(ワシントン 8月31日 時事)バイデン米大統領は8月30日、アフガニスタン駐留米軍の撤収を完了したとの声明を発表し、2001年から続いたアフガン戦争の終結を表明した。一方、全権を奪回したイスラム主義組織タリバンは「完全な独立を勝ち取った」と宣言。今後、極端なイスラム教解釈に基づく統治を敷くとみられる。

日本
スリランカ女性死亡のビデオを開示

名古屋出入国在留管理局の施設で3月、スリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん=当時(33)=が死亡した問題で、出入国在留管理庁は8月12日、収容中の様子を記録した監視カメラ映像を遺族に開示した。映像を確認した遺族側は「動物のように扱っていた」と批判し、全てのデータを開示するよう訴えた。

日本
東京パラリンピックが開幕

障害のある選手によるスポーツの祭典、東京パラリンピックは8月24日、無観客の東京・国立競技場で午後8時から開会式が行われ、天皇陛下が開会宣言された。新型コロナウイルスの影響で、東京五輪とともに史上初の1年延期を経ての開催。

9月 September

英国
アストラ社がワクチン供給めぐりEUと和解

(ブリュッセル 9月3日 時事)欧州連合(EU)欧州委員会は9月3日、新型コロナウイルス・ワクチンの供給遅延をめぐる訴訟で、英製薬大手アストラゼネカと和解したと発表した。昨年契約した計3億回分の供給を来年3月末までに完了させる。

米国
米同時テロ20年、各地で追悼

(ニューヨーク、ワシントン 9月12日 時事)2977人が命を落とした2001年9月の米同時テロから20年を迎えた11日、ニューヨークなど各地で追悼式典が催された。バイデン大統領は同日、現場となった3カ所を訪問。米史上最悪の被害を出したテロの犠牲者を悼むとともに、テロ根絶へ誓いを新たにした。

ドイツ
下院選挙でCDU・CSU が大敗

(ベルリン 9月27日 時事)9月26日投開票のドイツ連邦議会(下院)選挙で、メルケル首相が所属する中道右派のキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)の得票率は、西ドイツで初めて総選挙が行われた1949年以来最低の24.1%という歴史的大敗を喫した。連立交渉で政権獲得を目指すが、メルケル氏が引退を決め、圧倒的な存在感を選挙戦で活用できなかったことの影響が如実に表れた。

フランス
サルコジ元大統領に実刑

(パリ 9月30日 時事)パリの裁判所は9月30日、大統領選で法定上限を上回る資金を不正に支出した罪に問われたフランスのサルコジ元大統領に禁錮1年の実刑判決を言い渡した。刑法の規定により収監ではなく、電子ブレスレットなどで移動状況を監視する自宅軟禁に代替される。

日本
菅首相が退陣表明

菅義偉首相(自民党総裁)は9月3日、退陣する意向を表明した。新型コロナウイルス対応などで内閣支持率が低迷、党内の求心力も低下し、自民党総裁選(17日告示・29日投開票)での再選は困難と判断した。

日本
まん延防止等重点措置を全面解除

政府は9月28日、コロナ対策の専門家らでつくる基本的対処方針分科会を開き、緊急事態宣言とまん延防止等重点措置を30日をもって全面解除することを諮問し、了承された。解除後は第三者認証制度が適用された飲食店では午後9時までの営業を基本とし、酒類提供を可能とする。

10月 October

英国
英政府、給与肩代わり終了

(ロンドン 10月1日 時事)英政府は9月30日、企業の雇用維持を支援するために導入した従業員給与の肩代わり制度を終了させた。新型コロナウイルス対策として総額約700億ポンド(約10兆円)を投入。失業者の抑制に貢献したが、経済回復が進み、役割を終えたと判断した。

英国
議員殺害に衝撃、5年で2人目

(ロンドン 10月17日 時事)英南東部で10月15日起きた下院議員刺殺で、警察は事件をテロと断定して捜査を進めている。報道によると、容疑者の男(25)はソマリア系英国人とされ、イスラム過激主義との関連も疑われる。英国では2016年にも女性議員が殺害されている。刺殺されたのは与党・保守党のエイメス議員(69)。地元選挙区の教会で有権者と対話していたところ、入ってきた男に刃物で複数回刺され、数時間後に死亡した。

殺害されたエイメス議員を追悼しロウソクを置く市民殺害されたエイメス議員を追悼しロウソクを置く市民

アフガニスタン
ISがモスク爆発で犯行声明

(10月16日 時事)ロイター通信によると、アフガニスタン南部カンダハルのイスラム教シーア派モスクを狙った自爆テロとみられる爆発で、過激派組織「イスラム国」(IS)が10月15日、系列のアマク通信を通じ、犯行を主張する声明を出した。爆発は15日の金曜礼拝中に起き、少なくとも41人が死亡した。

日本
岸田内閣が発足

自民党の岸田文雄総裁(64)は10月4日召集の臨時国会で、第100代首相に指名された。皇居での首相親任式と閣僚認証式を経て、自民、公明両党連立による岸田内閣が発足した。岸田新首相は首相官邸で就任記者会見に臨み、衆院選について14日に解散し、「19日公示―31日投開票」の日程で行うと明言した。

初閣議を終え、記念撮影に臨む岸田文雄首相(前列中央)と閣僚ら=4日午後、首相官邸「時事(JIJI)」初閣議を終え、記念撮影に臨む岸田文雄首相(前列中央)と閣僚ら=4日午後、首相官邸「時事(JIJI)」

日本
秋篠宮家の眞子さまが結婚

秋篠宮家の長女眞子さま(30)は10月26日、米国弁護士事務所勤務の小室圭さん(30)と結婚された。宮内庁職員が同日、婚姻届を自治体に提出し受理された。眞子さまは皇室典範の規定で、民間人の「小室眞子さん」となった。

11月 November

英国
MHRAがコロナ飲み薬を承認

(グラスゴー 11月4日 時事)英医薬品・医療製品規制庁(MHRA)は11月4日、米製薬大手メルクが製造した新型コロナウイルス経口治療薬「モルヌピラビル」を承認した。英政府が発表した。飲み薬の承認は世界初。ワクチンに続くコロナ対策の切り札となる可能性がある。

英国
爆弾テロで警戒水準を引き上げ

(ロンドン 11月16日 時事)英中部リヴァプールの婦人科病院前で11月14日起きた爆弾テロで、警察は同15日、タクシー内で爆弾を爆発させ死亡した男の身元を公表した。男はエマド・アルスウェルミーン容疑者(32)で、英メディアによると、6年ほど前に中東から渡英した避難民だという。英政府は同15日、全土のテロ警戒の脅威水準を上から2番目の「深刻」へと一段階引き上げた。

英国
英仏が難民船沈没で対立

(ロンドン 11月27日 時事)英仏海峡で難民船が沈没し、少なくとも27人が死亡した事故を受け、英仏両政府が異例の非難合戦を展開している。ジョンソン首相は11月25日付のフランスのマクロン大統領宛ての書簡を自らのツイッターで公開。その内容とやり方に仏側が反発し、難民問題をめぐる閣僚級の対話は幻となった。

COP26
協定ルール合意でCOP26閉幕

(グラスゴー 11月14日 時事)国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)は11月13日、石炭火力発電の削減を各国に呼び掛ける文言を盛り込んだ成果文書「グラスゴー気候合意」を採択し、閉幕した。世界の気温上昇を「1.5度に抑える努力の追求」も明記。地球温暖化対策の国際合意「パリ協定」の運用ルールのうち、積み残されていた温室効果ガス削減量の国際取引の指針もまとめた。

各国首脳を模した被り物で抗議デモを行う活動家たち各国首脳を模した被り物で抗議デモを行う活動家たち

南アフリカ
F・デクラーク氏死去

(ロンドン 11月11日 時事)南アフリカでアパルトヘイト(人種隔離)の撤廃に大きな役割を果たし、ノーベル平和賞を受賞したフレデリク・デクラーク元大統領が11月11日、がんのため南部ケープタウンの自宅で死去。85歳だった。

G7
G7がオミクロン株で連携確認

(ロンドン 11月30日 時事)先進7カ国(G7)は11月29日、議長の英国が主宰して緊急の保健相会合をオンラインで開いた。感染が各国に広がっている新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」に関し、各国が連携して対応することを確認する共同声明を採択した。

日本
大谷が満票でMVPに

米大リーグのエンゼルスで投打の「二刀流」として活躍した大谷翔平選手(27)が11月18日、2021年のア・リーグ最優秀選手(MVP)に選出された。全米野球記者協会の会員30人による投票で決まり、全員から1位票を得た。

日本
辺野古移設、設計変更承認せず

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画をめぐり、玉城デニー知事は11月25日の記者会見で、埋め立て海域にある軟弱地盤の工事に伴う政府の設計変更申請に対し、不承認を通知したと発表した。政府は行政不服審査などの対抗手段を講じるとみられ、沖縄側の判断が覆れば、再び法廷闘争に発展する見通し。

12月 December

英国
クリスマス前、オミクロン株に警戒

(ロンドン 12月4日 時事)英国では12月3日までに42件のオミクロン株の感染が確認されたが、政府はオミクロン株が広がった後も交流制限などには踏み込まず、会食やパーティーは現在も可能だ。クリスマスを心待ちにする国民感情や、経済への影響にも配慮しているとみられる。

欧米
米欧が対ベラルーシ追加制裁

(ワシントン、ブリュッセル 12月3日 時事)ポーランドなど欧州連合(EU)加盟国の国境にベラルーシから移民が押し寄せた問題を受け、米国、欧州連合(EU)、英国、カナダは12月2日、対ベラルーシ追加制裁を発動。米欧は共同声明で移民送り込みの即時かつ完全な停止を要求した。

米国
真珠湾攻撃から80年

(ワシントン 12月8日 時事)オースティン米国防長官は12月7日、太平洋戦争の戦端を開いた旧日本軍による真珠湾攻撃から80年の節目に当たり「かつての敵は今や親友になった」との声明を発表し、日米同盟の重要性を再確認した。ハワイの真珠湾では、海軍関係者が出席して式典が開かれた。

日本
流行語大賞は「リアル二刀流」

「2021ユーキャン新語・流行語大賞」が12月1日、発表された。年間大賞に米大リーグ・エンゼルス大谷翔平選手の活躍を表した「リアル二刀流/ショータイム」が選ばれた。大谷選手は先発投手と指名打者を兼ねる「二刀流」で躍動。米解説者が「イッツ、ショー(翔)タイム!」と叫ぶ熱狂ぶりが伝えられ、球場でごみを拾う姿や審判への敬意ある振る舞いも話題となった。

日本
新井満さん死去

ヒット曲「千の風になって」の訳詞と作曲で知られる芥川賞作家の新井満(あらいまん)さんが12月3日午前8時46分、誤嚥(ごえん)性肺炎のため北海道函館市の病院で死去した。75歳だった。


※日本関連ニュースはすべて時事通信社提供の記事によって構成されています。

 

この記事を気に入っていただけたら、ぜひ任意の金額でサポートをお願いします。

  • Facebook

*本文および情報欄の情報は、掲載当時の情報です。

プリペイドSIMカード - Japan Travel SIM
JFC ゆめにしき
バナー バナー バナー londoniryo_dental

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド
ブログ