MCM
Sun, 22 May 2022
21 April 2022 vol.1601

ジョンソン首相の退陣論再燃
コロナ規則違反で罰金

13日、ロンドンのダウニング街でボリス・ジョンソン首相とリシ・スナク財務相に辞任を要求する抗議者
13日、ロンドンのダウニング街でボリス・ジョンソン首相とリシ・スナク財務相に辞任を要求する抗議者

(ロンドン 4月13日 時事)首相官邸などで新型コロナウイルスの規制中に規則違反のパーティーが繰り返されていた問題で、ジョンソン首相は12日、罰金を科されたことを認めた。これを受け、首相退陣論が再燃し、主要野党や自治政府は一斉に辞任を要求。世論調査も厳しい結果となった。

ジョンソン氏は12日、「私の政府が導入した規則を私自身が守れなかったことに、多くの人が怒りを覚えるのは当然だ」として謝罪。罰金を支払ったと明かした上で、「謙虚に任務を遂行する」と辞任を否定した。これに対し、最大野党・労働党のスターマー党首は「わが国の歴史上初めて首相が法を破った」と非難。他の野党やスコットランド、ウェールズの両自治政府首相も一斉に辞任を求めた。

調査会社ユーガブの緊急世論調査では、英国民の57%が「首相は辞任すべきだ」と回答。続投支持は30%にとどまった。

問題となったのは2020年6月19日のパーティー。英メディアによると、誕生日だったジョンソン氏のために閣議室に約30人が集まり、歌で祝ったという。

ジョンソン氏はロシアのウクライナ侵攻後、国際的に存在感を発揮してきた。与党・保守党からは「ロシアの暴虐からウクライナを守る仕事に最適の人物だ」と擁護する声も上がっている。

来月の地方選で保守党が大敗すれば、進退を問われる可能性が一段と強まりそうだ。

ジョンソン首相、パーティー問題で罰金

(ロンドン 4月12日 時事)首相官邸などで新型コロナウイルス対策の規制中に規則違反のパーティーが繰り返されていた問題で、公共放送BBCは12日、ジョンソン首相とスナク財務相が罰金を科されることになったと報じた。報道によると、官邸の関係者が首相と財務相が警察から罰金の通告を受けたと認めた。罰金の金額などの詳細については不明だという。

新型コロナの都市封鎖(ロックダウン)のさなかに官邸などでパーティーが開かれていた問題は、昨秋に英メディアの報道で発覚。その後内閣府の内部調査で、規則違反の「集会」が16件あったと確認された。このうち、警察が2020年~21年の12件を捜査していた。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

2 / 41 ページ
  • Facebook

JFC ゆめにしき
バナー londoniryo_dental バナー バナー

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
ロンドン・レストランガイド
ブログ