instagram Facebook ツイッター
ニュースダイジェストのグリーティング・カード
Thu, 22 October 2020
15 October 2020 vol.1565

FTAの合意期限迫る
英、EUの譲歩引き出す狙い

黒いマスクを着け、ダウニング街10番地を出るボリス・ジョンソン首相
黒いマスクを着け、ダウニング街10番地を出るボリス・ジョンソン首相

(ロンドン 10月10日時事)欧州連合(EU)を離脱した英国とEUの自由貿易協定(FTA)締結交渉で、ジョンソン首相が合意期限に設定した15日が迫ってきた。双方は折衝を続けているが、漁業などの主要な懸案で溝が残り、妥結は困難な情勢。EUは交渉の続行を望んでおり、英政府の判断が焦点となる。

「10月15日までに合意できなければ、英EU間のFTAはない」。ジョンソン氏は9月上旬、一方的にこう宣言した。期限を過ぎると年末のFTA発効という目標達成が危うくなるため、交渉決裂に伴って生じる混乱への対策に重点を移すべきだというのが表向きの理由だ。

ただ、EUはもともと「10月末に合意すれば年末のFTA発効に間に合う」(バルニエ首席交渉官)という立場。「11月半ばでもぎりぎり何とかなる」(元欧州委員会高官)という意見もあり、ジョンソン氏がそれより早い期限を設けたのは、EUに圧力をかけて交渉で譲歩を引き出すのが真の狙いだと受け止められている。

フロスト首席交渉官は7日の議会証言で、EUとの交渉は進展を遂げているものの、「依然として溝が大きい」と説明。15日までに可能なのは「せいぜい未解決の点に関する大枠での合意」にとどまる見込みで、期限後も正式合意を目指して交渉を続けるか否かはジョンソン氏次第だと強調した。

FTA交渉では資源が豊富な英国の排他的経済水域での漁業権を現状のまま維持したいEUと、離脱を機にEUの締め出しを図る英国が対立。EUは15、16両日の首脳会議で対応を協議する予定だが、フランスのマクロン大統領が2022年の大統領選をにらんで譲歩を拒否する強気の構えを示しており、温度差のある他の加盟国との意見集約がもつれている。 

英EU離脱をめぐる動き

2016年 6月 英国民投票で「欧州連合(EU)離脱」多数
17年 6月 英EU、離脱交渉開始
18年 11月 英EU、離脱案で合意
19年 1月 英下院、離脱案を否決(3月にさらに2度否決)
3月 英EU、離脱延期
4月 英EU、再び離脱延期
7月 ジョンソン氏が首相就任
10月 英EU、新たな離脱案で合意も、三たび離脱延期
12月 ジョンソン氏率いる与党保守党が総選挙に大勝
20年 1月 英、EU離脱。「移行期間」スタート
3月 英EU、自由貿易協定(FTA)交渉開始
9月 首相、合意期限を10月15日に設定
12月 英が移行期間終え、EUを「完全離脱」へ(31日予定)
 
  • Facebook

バナー バナー バナー バナー

コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ