ロンドンのゲストハウス
Tue, 17 July 2018

世界初! サッカー・スタジアム内にクラフト・ビールの醸造所がオープン

ロンドン北部、トッテナム・ホットスパーFCの新スタジアムに、ロンドナーに人気のクラフト・ビールブランド、ビーバータウンの醸造所がオープンする。「イブニング・スタンダード」紙が伝えた。

 今秋お披露目となるホワイト・ハート・レーン・スタジアムは、サッカーのイングランド・プレミア・リーグの強豪クラブ、トッテナム・ホットスパーFCの新ホーム・スタジアム。スタジアム内にオープンする醸造所では、出来立てのビールが飲めるタップルームを併設しており、チームとファンのために作られたオリジナル・ビールを含む、多彩なクラフト・ビールが堪能できるという。スタジアムの中にある醸造所という世界初のアイデアで、サッカー鑑賞をより楽しんでもらうのが狙いだ。

 ビーバータウンは新スタジアムから約2マイル(約3.2km)の場所に拠点を置く、独立系ビール醸造所。鮮やかなパッケージで目を引くビール缶が、ロンドンを中心に一般販売されている。
 

007シリーズ最新作、監督はダニー・ボイルに!

ダニエル・クレイグ(50)がジェームズ・ボンド役を続投することになっている、来年公開予定の007シリーズ最新作「Bond 25」。監督は「トレインスポッティング」シリーズや「スラムドッグ$ミリオネア」などで知られるダニー・ボイルが務めると、25日、発表された。「イブニング・スタンダード」紙が伝えた。

 「Bond 25」を誰が監督するか、昨年から様々な噂が飛び交っていたが、今年3月になり突然、ボイルの名が浮上した。ちなみに、ボイル監督とクレイグは、2012年ロンドン五輪の開会式で一緒に仕事をしている。開会式の総合演出を務めたボイルは、このときジェームズ・ボンド役のクレイグと、エリザベス女王本人を共演させた短編フィルムを製作し、大きな話題を集めた。
 

「ビーガン」で「ジャパニーズ」で、「雪のような味」のデザートって?

 低カロリーでヘルシーな、伝統的な日本のデザート、という謳い文句とともに、24日から、ロンドンのシティでかき氷の販売が始まった。「イブニング・スタンダード」紙が伝えた。

 かき氷が最初に注目を集めたきっかけは、豪シドニーのポップ・アップ・ショップのインスタグラム。アイスクリームの載ったかき氷の写真が、SNSで世界中に拡散された。

 ロンドンでは、居酒屋スタイルを売り物にする高級日本食レストラン、「ソーシャル」が既にデザート・メニューの一つにしているが、ポケ専門店「ホニ・ポケ」のフェンチャーチ・ストリート店でも、かき氷の販売を始めた。かつてスペインのミシュラン星レストランで勤務していたシェフの手によるもので、人工添加物を使わず、手作りのフルーツ・ピュレーを用い、1杯が100カロリー以下。近隣で働く健康志向のビジネスマンなどに人気が出そうという。気になるかき氷のお値段は、1杯4.95ポンド(約730円)。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

6 / 342 ページ
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

バナー 英国・ドイツニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト 2018 編集者募集 ロンドン・レストランガイド
キャリアコネクションズ ヘルス&ビューティーガイド
バナー バナー

日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが受賞いたしました!
暮らしの手引き ブログ Japan Digest ゲンダイゲストハウス

UK便利ガイド検索

カテゴリ選択
City / County
エリア