日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが最優秀賞を受賞いたしました!
Sun, 21 January 2018

コービン党首やトランプ米大統領が付いたクリスマス・ジャンパーはいかが?

 ここ数年で定着した感のある「クリスマス・ジャンパー・デー」。トナカイやサンタなど、クリスマスをテーマにしたデザインの、お洒落とは言い難い手編み風のセーターを着て楽しむ1日だ。今年のジャンパー・デーは12月15日。この日にぴったりな、労働党のコービン党首やトランプ米大統領の柄のセーターを「メトロ」紙が紹介している。

 コービン党首の絵柄のセーターは、サンタの帽子をかぶったジェレミー・コービン党首が「ジェリー・クリスマス」と言っているもの。35ポンドだが、その半額がチャリティー団体の「セーブ・ザ・チルドレン」に寄付される。昨年、用意した250着が24時間で完売した発売元のNotJust は、今年は1000着以上のセーターをそろえているとのこと。

 NotJustは、このほかにトランプ米大統領のバージョンも用意。絵本「いじわるグリンチのクリスマス」が原作の映画「グリンチ」の主人公に似せた緑色の顔の米大統領が、「make Christmas great again」(クリスマスを再び偉大にする)と宣言しているデザインで、こちらも35ポンドで販売されている。今購入すれば、ジャンパー・デーである15日の前に配達してくれるそう。

 

コービン労働党党首、GQの表紙に

 労働党党首のジェレミー・コービンが、シャープなジャケット姿で男性ファッション誌「GQ」新年号の表紙を飾った。「メトロ」紙が伝えた。

 10カ月ほど前には、議会答弁中に当時の首相デービッド・キャメロンから「まともなスーツを着ろ」とやじられたこともあるコービン党首。GQの撮影では、マークス& スペンサーのダークカラーのジャケットに赤いネクタイで、こざっぱりして男前な姿に変身した。

 コービン党首が登場する新年号は「2018年選挙スペシャル」で、12月7日に発売。今年のこれまでのGQの表紙には、リアム・ギャラガ-、アレック・ボールドウィン、カーラ・デルビーニュ、ウィリアム王子などのセレブや王室メンバーが登場しているが、新年号は少し毛色の変わったものになりそうだ。


 

メイ首相、映画「ラブ・アクチュアリー」でヒュー・グラントが演じた英国首相のように振る舞うべき!?

 英国の極右政党幹部がツイッターに投稿した反イスラム的動画を、トランプ米大統領がリツイートした。それに対しメイ首相の報道担当官が「大統領の行為は間違っている」と非難し、トランプ氏がツイッターで、「私に構わないでくれ」とやり返すなど、言葉の応酬が続いている。このやり取りを見た映画ファンたちは、まるで、映画「ラブ・アクチュアリー」内の英首相と米大統領の会話のようだ、としている。「デーリー・メール」紙が伝えた。

 2003年に英国が製作したロマンティック・コメディー「ラブ・アクチュアリー」では、ビリー・ボブ・ソーントン演じる高圧的な米大統領に対し、ヒュー・グラントが演じる英首相が毅然とした態度で臨んでいる。メイ首相はこの映画を観て、ヒュー・グラントの態度を参考にしたら良いのではというツイッターの投稿が相次いだ。

 映画では、来英した米大統領と首相官邸で行った共同記者会見で、英首相が英米間の「良くない関係を危惧している」とスピーチする。その内容は、「大統領は自らの欲しいものをすべて手に入れようとし、一方で本当に大切な英国との関係については無視し続けました。英国は小さな国ですが、しかし偉大な国です。チャーチルの国、シェイクスピアの国、ビートルズの国……」「もし友人が私たちをいじめるなら、もうそれを友人とは呼びません。これから私はもっと強い態度で臨む用意がありますし、大統領もぜひともそのつもりでいて頂きたい」というもの。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

6 / 320 ページ
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが受賞いたしました! 2018年 カレンダー販売
キャリアコネクションズ 習い事&スクールガイド
バナー バナー

暮らしの手引き ロンドン・レストラン・ガイドブログJapan Digestゲンダイゲストハウスライター&翻訳者募集

UK便利ガイド検索

カテゴリ選択
City / County
エリア