バナー
Fri, 19 January 2018

ロンドン地下鉄全域で4Gが利用可能に?

 2019年から、ロンドン地下鉄の車内でも通話やインターネットができるようになる予定だという。「デーリー・メール」紙が伝えた。

 現在、ロンドン地下鉄はほとんどの駅構内やプラットフォームで通信ネットワークが利用できるものの、トンネル内では通信が途切れてしまう。ただ、この夏に行われたウォータールー・アンド・シティ線での試験の結果、今後どのように地下鉄内全体に技術を展開するかについての洞察が得られたとのこと。

 ロンドン交通局(TfL)は、4Gネットワークの設置にどれくらい費用が掛かるかをまだ明らかにしていないが、2018年の夏に事業提携会社の参加が予定されているそう。ロンドン市長のサディク・カーン氏とTfLは、2019年からロンドン地下鉄で4Gネットワークを利用できるようにしたいとしている。

tubephoto

 

 

ロンドンには35歳以下のミリオネアが2万人!

ロンドンには35歳以下のミリオネアが2万人ほど在住しており、調査によると、一つの都市にこれほど富裕層の若者が集まる場所は米国の一部の都市以外にはなく、世界の都市と比較しても3倍の人数であることが分かった。「イブニング・スタンダード」紙が伝えた。

 ロンドンに住む100万ポンド(約1億5151万円)以上の資産を持つ若者たちの内訳は、起業で成功した者、遺産を相続した者、ポップ・スターやサッカー選手などの有名人だそう。

 アナリスト会社グローバルデータの調査結果によれば、若い富裕層が多い都市をトップ10にすると、その内の7都市までが米国だとか。これはハイテク企業の増加が関係しているもようだと同紙は解説。また、東京がベスト10内に入っていないことを意外だとし、この順位が純資産のみを対象にし、不動産を含んでいないことにも言及している。
 

先生は女子生徒たちを「ガールズ」「レディーズ」と呼んだらダメ!

常に性別を意識させることになるので、教師は女子生徒たちを「ガールズ」や「レディーズ」などと呼ばないように、という社会評論家の意見を「テレグラフ」紙が伝えた。

 学校生活に関する政府のアドバイザーでもあった評論家のナターシャ・デボンさんは、先ごろマンチェスターで行われた女子校組合の年次総会で、国内の有名女子校の校長たちを前にスピーチ。自分の性別や、性別にまつわる型にはまったイメージを意識させないように、「ニュートラルな」言葉を使って生徒たちに接すべきだと語ったという。これは女子生徒だけではなく、男子生徒にも当てはまるとのこと。

 デボンさん自身は、女子校の教室内で「ガールズ」や「レディーズ」という言葉を使うということは絶対しないとし、その理由を「見下している」ようだからと説明。教師たちはその代りに、「生徒(pupils, students)」などという性別を限定しない単語を使うべきだとした。
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

7 / 319 ページ
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが受賞いたしました! 2018年 カレンダー販売
キャリアコネクションズ 習い事&スクールガイド
バナー バナー

暮らしの手引き ロンドン・レストラン・ガイドブログJapan Digestゲンダイゲストハウスライター&翻訳者募集

UK便利ガイド検索

カテゴリ選択
City / County
エリア