instagram Facebook ツイッター
バナー
Fri, 22 November 2019

英国ゆるニュース

王室ネタからセレブ、ゴシップ、カルチャーまで

ブリジット・ジョーンズが未亡人に

ベストセラー小説「ブリジット・ジョーンズの日記」最新刊のあらすじが明らかになり、同小説のファンの不評を買っている。

恋と将来に悩むロンドン在住の30代独身女性を描き、米女優レニー・ゼルウィガー主演で映画化もされた人気小説「ブリジット・ジョーンズの日記」。最新刊となる第3巻のあらすじが、9月29日付の「サンデー・タイムズ」紙の付録で発表された。しかし、そこで明らかになったのは、主人公ブリジットがついに射止めた英国人紳士マーク・ダーシーが死ぬという筋書き。映画では英俳優コリン・ファースが演じた、同小説の中心人物の一人が死亡という展開に、ファンたちは早くも悲鳴を上げているのだという。

ブリジットとマーク
せっかく結ばれたブリジットとマークだったのに……

 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

治験参加者募集エイチエムアール
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ