instagram Facebook ツイッター
ロンドン生活便利サイト neconote
Thu, 12 December 2019

英国ゆるニュース

王室ネタからセレブ、ゴシップ、カルチャーまで

移民が多過ぎの中学校、英語が外国語科目になっちゃった

イングランドの地方都市にある、外国人生徒が大多数を占める中等学校が、英国生まれの者を含むすべての生徒に対して英語を外国語科目として指導する方針を固めたことが分かった。「デーリー・メール」紙が報じた。

 
イングランド北部リーズにあるこの学校では、生徒たちの大多数を外国人学生が占めており、出身国は55カ国、話す言語または方言は50種類にも及ぶ。イギリス人学生は全体のわずか15%に過ぎない。

 
こうした状況を鑑みて、同校では少数派となるイギリス人学生を含む全生徒に対して英語を外国語科目として指導することを決定。同校の校長先生は、そもそも同校に通うイギリス人学生の英語力が非常に乏しいため、彼らにとっても外国語として指導を受ける意義があると主張している。
 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

2020年 カレンダー販売
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ