instagram Facebook ツイッター
日経電子版Pro
Sat, 16 January 2021

英国ゆるニュース

王室ネタからセレブ、ゴシップ、カルチャーまで

ウィンブルドン選手権の会場には有名人がいっぱい

 6月23日から開幕したテニスのウィンブルドン選手権を観戦しようと、英国における各界の有名人たちが連日会場を訪れている。「デーリー・エクスプレス」紙などが報じた。

24日には、社交ダンスのオーディション番組「ストリクトリー・カム・ダンシング」の司会を務めるモデルのテス・デーリー(45)とタレントのヴァーノン・ケイ(40)夫妻が仲良く手をつないで来場。26日には男性ポップ・グループ、ワン・ダイレクションのナイル・ホーラン(20)とリアム・ペイン(20)が警護スタッフを携えて姿を現した。さらに同日には、キャサリン妃の妹であるピッパ・ミドルトンさん(30)が兄弟のジェームズさんとともに「ロイヤル・ボックス」と呼ばれる招待客専用の特別席での観戦を楽しんだ。

 そのほかにも、美人ソプラノ歌手のキャサリン・ジェンキンス(34)、元ガールズ・アラウドのキンバリー・ウォルシュ(32)、映画シリーズ「X-メン」への出演で知られる豪俳優のヒュー・ジャックマン(45)といったそうそうたる面子が観戦に訪れている。

pippaウィンブルドン選手権に観戦に訪れたキャサリン妃の妹ピッパ・ミドルトンさん

jackman豪俳優ヒュー・ジャックマンの姿も

 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

バナー バナー バナー バナー

コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ