instagram Facebook ツイッター
ロンドン生活便利サイト neconote
Thu, 21 November 2019

英国ゆるニュース

王室ネタからセレブ、ゴシップ、カルチャーまで

ギルモアのステージにカンバーバッチがゲストで参加

 28日、英バンド、ピンク・フロイドの元メンバー、デービッド・ギルモアのコンサートがロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開催されたが、サプライズ・ゲストで俳優のベネディクト・カンバーバッチがステージに登場。ピンク・フロイドの往年のヒット曲「コンフォタブリー・ナム」をギルモアとともに歌った。

 ロイヤル・アルバート・ホールで開催されたこのコンサートは3月から続いていた世界ツアーの最後を飾るもので、カンバーバッチが登場したのはそのロンドン公演の終盤に当たる。ギルモアは以前にもビッグ・スターをステージに招待したことがあり、2006年にはデービッド・ボウイがやはり「コンフォタブリー・ナム」をギルモアと歌っている。

 人気ドラマ「SHERLOCK/シャーロック」で知られるカンバーバッチが人前で歌うことは稀といえるが、2013年製作の米コメディー映画「8月の家族たち」のサウンドトラック用に、「キャント・キープ・イット・インサイド」という曲を歌っている。

www.youtube.com/watch?v=FaaoTvEdKtA

 

 

 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

治験参加者募集エイチエムアール
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ