instagram Facebook ツイッター
日経電子版Pro
Tue, 24 November 2020

英国ゆるニュース

王室ネタからセレブ、ゴシップ、カルチャーまで

コービン労働党党首、GQの表紙に

 労働党党首のジェレミー・コービンが、シャープなジャケット姿で男性ファッション誌「GQ」新年号の表紙を飾った。「メトロ」紙が伝えた。

 10カ月ほど前には、議会答弁中に当時の首相デービッド・キャメロンから「まともなスーツを着ろ」とやじられたこともあるコービン党首。GQの撮影では、マークス& スペンサーのダークカラーのジャケットに赤いネクタイで、こざっぱりして男前な姿に変身した。

 コービン党首が登場する新年号は「2018年選挙スペシャル」で、12月7日に発売。今年のこれまでのGQの表紙には、リアム・ギャラガ-、アレック・ボールドウィン、カーラ・デルビーニュ、ウィリアム王子などのセレブや王室メンバーが登場しているが、新年号は少し毛色の変わったものになりそうだ。


 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

バナー バナー バナー バナー

ニュースダイジェストのグリーティング・カード
コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ