バナー
Wed, 21 November 2018

4万ポンドの価値のある、ハリポタの初版本が盗まれる

人気小説家のJ・K・ローリングが1997年に発表した児童小説、ハリー・ポッター・シリーズの第1巻「ハリー・ポッターと賢者の石」の初版本が書店から盗まれた。この本は4万ポンド(約617万円)の価値があるという。「デーリー・メール」紙が伝えた。

 盗難に遭ったのは、英東部ノーフォークのオンライン書籍販売店「S・N・ブックス」。2人組の泥棒が7日夜半から8日の未明にかけて店舗に侵入し、特製の箱に入っていたハリポタのハードカバー初版本のほか、高価な初版本ばかりを選んで盗んでいったそう。盗まれたのは、A・A・ミルンの「クマのプーさん」4セット(5000ポンド相当)、テリー・プラチェットの「ディスクワールド騒動記」(9000ポンド相当)、J・R・R・トールキンの「ホビットの冒険」(7000ポンド相当)、青い特製ケース入りのF・スコット・フィッツジェラルドの「グレート・ギャツビー」(2000ポンド相当)など多数。

 警察は、書籍販売者や希少本を取り扱う業者に、盗品が持ち込まれていないか目を光らせるように注意を呼び掛けるとのこと。
 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

2019年 カレンダー販売
キャリアコネクションズ 習い事&スクールガイド
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド
ブログ 暮らしの手引き ゲンダイゲストハウス

UK便利ガイド検索

カテゴリ選択
City / County
エリア