instagram Facebook ツイッター
NHK交響楽団 nhkso
Sun, 08 December 2019

英国ゆるニュース

王室ネタからセレブ、ゴシップ、カルチャーまで

大学入学資格試験、ドイツ語より中国語が人気

イングランド、ウェールズ、北アイルランド地方で実施された大学入学資格試験(Aレベル)の結果が、16日、発表された。Aレベルの科目の一つである「現代言語」のテストに中国語を選んだ生徒の数が、ドイツ語の受験者数を初めて追い抜いた。生徒たちの多くは英国の離脱後に目を向けているようだ、と「タイムズ」紙が伝えた。

 Aレベルで中国語を選んだのは3334人で、昨年から8.6%の増加。ロシア語と日本語の受験者数もわずかだが上昇が見られたという。一方、ドイツ語を選んだ生徒は3058人で、こちらは昨年から17%減少した。

 ただし、Aレベルに「現代言語」を選択した生徒の数は、この1年で8%減少。多くの生徒は、言語よりもPE(保健体育)や法律といった科目を選ぶ傾向にあったという。
 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ