instagram Facebook ツイッター
日経電子版Pro
Fri, 27 November 2020

英国ゆるニュース

王室ネタからセレブ、ゴシップ、カルチャーまで

人に代わり大量のヤギが町を制覇

昨今の新型コロナウイルス感染拡大の影響で、政府から「人との距離を2メートル取るように」と言われているが、動物界においては全く関係がないらしい。英西部ウェールズの北部にある海辺の町スランディドゥノでは、外出制限の人間たちを尻目に、野生のヤギがやりたい放題の行動をしているという。「メトロ」紙が伝えた。

地元に暮らす、地方紙「マンチェスター・イブニング・ニュース」の記者アンドリュー・スチュワートさんは、自宅待機でいつもより人通りが少ないことをいいことに、野生のヤギたちが夜の町に繰り出し徘徊していたと説明。薄暗い車道を走り回るヤギの様子を動画に収めたが、また別の日にも、ヤギたちは白昼堂々民家の生け垣の緑をムシャムシャと食べたり、教会の墓地で寝そべったりと、「2メートル・ルール」も無視して自由気ままに過ごしていた模様だ。ヤギたちは通常、グレート・オーム岬の周辺にかたまって住んでおり、町に出没するのは強風などひどい天候のときだけだという。ヤギたちがどういう経緯で、町に人が少ないことを知ったかは、定かではない。
 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

バナー バナー バナー バナー

ニュースダイジェストのグリーティング・カード
コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ