instagram Facebook ツイッター
NHK交響楽団 nhkso
Thu, 12 December 2019

英国発ニュース

英紙が「DEAD OR ALIVE Xtreme3」海外発売問題で「言論の自由が論点ではない」

「ガーディアン」紙の電子版は2日、ビキニ姿の女性キャラクターが南国の楽園でバカンスを楽しむという内容のゲーム「DEAD OR ALIVE Xtreme3」が欧米では発売されない見通しであると発表されて巻き起こった論争に対する見解を示した。

 同紙は、製造元のコーエーテクモゲームスが欧米における同ゲームの発売を見送るという判断を下したと伝えられている件について、「全体主義的な左翼が興ざめする価値観をゲーム業界に押し付けている」兆候として一部では受け取られていると指摘。「それほど簡単な話ではない」と反論した上で、日本企業が露骨な描写のあるゲームの内容を西洋のユーザー向けに編集することはこれまで何度もあったと述べている。

 また同記事は、日本でいわゆる成人向けと呼ばれるジャンルは、日本国外ではしばしば奇妙に受け取られる傾向があるとも伝えている。

 これら諸々の点を踏まえた上で、本件の背景にあるのは、言論の自由をめぐる問題ではないと主張。企業が特定の市場での販売を見送るなどの措置を行うのは、経営判断に過ぎないと述べた。
 
  • Facebook

2020年 カレンダー販売
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ