instagramGoogle+FacebookツイッターRSS feed
Mill Hill International オープンデー
Fri, 28 April 2017

英国発ニュース

6月8日に総選挙を実施-EU離脱交渉へ基盤固め

(ロンドン 4月18日時事)メイ首相は18日、緊急声明を出し、下院(定数650)を解散して6月8日に総選挙を実施する方針を明らかにした。先月末に正式通告した欧州連合(EU)からの離脱で、EU側との交渉を強力に推進するため、議会での支持基盤を固める必要があると判断した。

 首相は官邸前で記者団に「政府は先ほど開いた閣議で、6月8日に総選挙を実施すべきだということで一致した」と述べ、19日に下院に対し選挙実施を求める動議を提出すると表明した。

 最大野党・労働党のコービン党首はツイッターで「英国民に対し、政府への投票を行う機会を与えた」として首相の声明を歓迎、選挙実施に賛成する考えを示した。

 英国は2011年に固定任期議会法を制定しており首相に原則、解散権はなく、次回選挙は20年と決まっていた。しかし、下院の3分の2以上の賛成で解散総選挙は可能。330議席の与党・保守党に加え、229議席の最大野党・労働党が解散を支持すれば3分の2を確保できる。

 メイ首相は声明で「政府は交渉への正しいプランを持っている」と強調。しかし、野党勢力が反対しているため、交渉に向けて議会は分裂し「我が国に有害な不確実性と不安定をもたらす恐れがある」と批判した。「今後数年にわたり確実性と安定を保証する唯一の方法」として「やむを得ず」選挙実施を決断したと説明した。 

 労働党は強硬左派であるコービン党首の下、党内が分裂して支持率が伸び悩み、世論調査では保守党に20ポイント前後の大差をつけられている。このため、総選挙を今行えば保守党が圧勝できるとの見方が強い。かねて党内では首相に早期選挙を求める声があったが、首相はこれまでは選挙実施を強く否定していた。


 ◇メイ首相声明骨子

 一、欧州連合(EU)離脱決定後、英国には確実性と安定性と強い指導力が必要

 一、議会は団結すべきなのに分裂

 一、確実性や安定性を確保する上で唯一の道は総選挙

 一、強く安定した指導力を選ぶことが国益
 
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • Facebook
  • Check

キャリアコネクションズ 習い事&スクールガイド
バナー バナー

企画営業・ライター・翻訳者募集中
英国新生活ガイド ロンドン・レストラン・ガイドブログJapan Digestゲンダイゲストハウス

UK便利ガイド検索

カテゴリ選択
City / County
エリア