instagramGoogle+FacebookツイッターRSS feed
バナー
Fri, 26 May 2017

英国発ニュース

マニフェスト出そろう-総選挙へ与野党攻防

 (ロンドン5月18日時事)与党・保守党は18日、総選挙(6月8日投票)に向けたマニフェスト(政権公約)を発表し、主要政党の公約が出そろった。保守党を率いるメイ首相は中部ハリファクスでの会見で、英国の欧州連合(EU)離脱問題に関し「(離脱交渉を成功に導くため)これまで以上に強く安定した指導者が必要とされている」と述べ、政権と与党への幅広い支持を訴えた。

 保守党のマニフェストは88ページ。「強い経済」「EU離脱」など5項目を主要課題に掲げ、2020年代半ばまでの財源不足解消、「円滑で秩序立った離脱」の実現、移民流入数の削減、医療予算増額-といった政策を盛り込んだ。メイ首相は「私や私のチームへのすべての票が、離脱交渉に臨む私の立場を強める」と強調した。

 一方、左派コービン党首が率いる最大野党・労働党は16日、赤色の表紙に「少数でなく多数のために」と訴えるマニフェストを公表。鉄道と水道の再国有化や高額所得者への増税、大学授業料廃止など左派色の濃い公約を列挙した。親EUで中道左派の野党・自由民主党は17日公表のマニフェストで「EU離脱交渉後に合意内容の是非を問う国民投票を行う」と公約した。

 18日付「タイムズ」紙が掲載した世論調査結果によれば、保守党の支持率は45%と労働党(32%)を大きくリード。ただ、保守党が先週の前回調査より1ポイント減だったのに対し、労働党は2ポイント増。依然保守党の大勝が予想されるものの、態度未決定者も多く、労働党が今後追い上げる可能性もある。
 
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • Facebook
  • Check

キャリアコネクションズ バナー バナー 習い事&スクールガイド
バナー バナー

企画営業・ライター・翻訳者募集中
英国新生活ガイド ロンドン・レストラン・ガイドブログJapan Digestゲンダイゲストハウス

UK便利ガイド検索

カテゴリ選択
City / County
エリア