英国・ドイツニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト
Sun, 20 August 2017

英国発ニュース

サニブラウン、200で決勝へ-ボルト上回り史上最年少

 (ロンドン 8月10日時事)陸上の世界選手権第6日は9日、ロンドンで行われ、男子200メートル準決勝で18歳5カ月のサニブラウン・ハキーム(東京陸協)が20秒43(向かい風0.3メートル)で2組2着となり、10日の決勝に進んだ。

 2005年大会で決勝に進んだウサイン・ボルト(ジャマイカ)の18歳11カ月を更新する史上最年少記録。日本勢では03年大会で銅メダルを獲得した末続慎吾以来、14年ぶりの決勝進出となった。

 飯塚翔太(ミズノ)は1組5着で敗退。追い風2.1メートルの参考記録で20秒62だった。

 女子400メートル決勝はフィリス・フランシス(米国)が49秒92で金メダル。アリソン・フェリックス(米国)が50秒08で銅メダルを手にして大会通算獲得メダルを14個とし、ボルト、女子のマーリーン・オッティ(ジャマイカ)に並んで史上最多となった。 

 ◇サニブラウン・ハキームの略歴

 サニブラウン・ハキーム 東京・城西高2年時の15年世界ユース選手権で100メートルと200メートルの2冠。200メートルはウサイン・ボルト(ジャマイカ)の大会記録を更新した。同年の世界選手権に16歳5カ月の史上最年少で日本代表入りし、200メートルで準決勝進出。国際陸連の新人賞に相当する「ライジング・スター・アワード」を受賞。16年リオデジャネイロ五輪はけがのため断念。17年の日本選手権は100メートルで10秒05、200メートルで20秒32の自己新記録をマークして2冠に輝いた。今秋から米フロリダ大に進学予定。20年東京五輪に向け活躍が期待される若手として日本陸連が指定する「ダイヤモンドアスリート」に選ばれている。188センチ、78キロ。18歳。ガーナ人の父と日本人の母を持つ。東京都出身。
 
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • Facebook
  • Check

英国・ドイツニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト
バナー キャリアコネクションズ 習い事&スクールガイド ヘルス&ビューティーガイド
バナー バナー

英国新生活ガイド ロンドン・レストラン・ガイドブログJapan Digestゲンダイゲストハウス

UK便利ガイド検索

カテゴリ選択
City / County
エリア