バナー
Sun, 18 February 2018

英国発ニュース

ユニリーバ、グーグルやFBへの広告出稿中止も-憎悪表現、偽ニュース懸念

 (ロンドン 2月13日 時事)英・オランダ系日用品・食品大手ユニリーバが、米IT大手グーグルや米インターネット交流サイト(SNS)大手フェイスブック(FB)などへの広告出稿中止を検討していることが分かった。憎悪や差別、過激思想をあおる表現、児童ポルノ、世論操作を狙った偽ニュースなどが氾濫しているのを理由としており、他企業の広告戦略にも影響を与えそうだ。 

 同社幹部が13日までに行った講演で明らかにした。欧米メディアによると、ユニリーバは2017年に広告などのマーケティングに77億ユーロ(約1兆円)を費やした世界最大級の広告主。

 同社幹部は「子どもたちを保護せず、社会を分断し、怒りや憎悪をかき立てるプラットフォーム(基盤)に投資はしない」と訴えた。
 
  • Facebook

1500号記念・読者プレゼント!
キャリアコネクションズ ヘルス&ビューティーガイド
バナー バナー

日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが受賞いたしました!
暮らしの手引き ロンドン・レストラン・ガイドブログJapan Digestゲンダイゲストハウスライター&翻訳者募集

UK便利ガイド検索

カテゴリ選択
City / County
エリア