バナー
Sat, 21 April 2018

英国発ニュース

エアバスCEO、英離脱の不透明感で警鐘-「将来の投資、規定路線にあらず」

 (ロンドン 4月12日 時事)欧州航空機大手エアバスのトム・エンダース最高経営責任者(CEO)は11日付の「フィナンシャル・タイムズ」紙への寄稿で、英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる先行き不透明感に強い警鐘を鳴らすとともに、「将来の投資は規定路線ではない」と述べ、場合によっては英国内にある同社生産拠点の重要性が離脱を機に低下していく可能性を示唆した。

 この中でCEOは、英国は2019年3月のEU離脱まで1年を切ったにもかかわらず、「英EU関係の将来の形は極めて不透明だ」と指摘。エアバスのように長期的な投資判断が必要なグローバル企業にとって、現在の状況は「有害かつ耐えがたい」と強調した。

 ただ、英国とEUの将来関係は、離脱後の移行期間中に始まる自由貿易協定(FTA)交渉が妥結するまで確定しない公算が大きく、しばらく将来不安を解消するのは難しそうだ。

 エアバスは英国内に25以上の拠点を構え、1万5000人規模の雇用を抱えている。さらに英国内4000社超のサプライ・チェーンから年間50億ポンド強相当の部品などを調達しており、仮に生産の一部が海外に移転するようなことがあれば、英経済にとって打撃となりそうだ。
 
  • Facebook

バナー 編集者募集
キャリアコネクションズ ヘルス&ビューティーガイド
バナー バナー

日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが受賞いたしました!

UK便利ガイド検索

カテゴリ選択
City / County
エリア