ロンドンのゲストハウス
Sat, 21 April 2018

英国発ニュース

OPCW、英検出の化学物質確認-元ロシア情報員暗殺未遂

 (ブリュッセル 4月12日 時事)化学兵器禁止機関(OPCW、本部オランダ・ハーグ)は12日、英国で起きた元ロシア情報員暗殺未遂事件で、現場で採取されたサンプルを分析した結果、英当局が検出した「有毒な化学物質」を確認したと発表した。ジョンソン外相は声明で、旧ソ連開発の軍用神経剤「ノビチョク」と確認されたと説明し、ロシアの責任に「疑いの余地はない」と強調した。

 OPCWは加害者を特定していないが、確認された化学物質は「高純度だ」と指摘し、大掛かりな組織的犯行の可能性を示唆した。 

 OPCWは物質の具体名については加盟国向けの機密扱いの報告書に記載するとして公表しなかったが、ジョンソン氏は「ノビチョク」だったことが確認されたとし、「このグロテスクな兵器の使用の根絶に向けパートナー国と取り組む」と宣言。この問題を協議するためOPCWの執行理事会を18日に開催するよう求めた。

 OPCWは英国の要請に基づき、3月に調査チームを現地に派遣。サンプルを持ち帰り分析を進めていた。ロシアは4日の執行理事会で、ロシアも含めた合同調査を要求したものの、採決で否決されていた。
 
  • Facebook

バナー 編集者募集
キャリアコネクションズ ヘルス&ビューティーガイド
バナー バナー

日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが受賞いたしました!

UK便利ガイド検索

カテゴリ選択
City / County
エリア