Mill Hill International オープンデー
Sat, 21 April 2018

英国発ニュース

BA、ロンドン-シンガポール片道3万5000円からの割安運賃導入-受託手荷物は別料金

 (シンガポール 4月15日 時事)ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)はこのほど、一部長距離路線で割安の「ベーシック運賃」を新たに導入した。ロンドン-シンガポールは、往復チケットで購入した場合、片道当たり230ポンド(約3万5000円)から。BAのスタンダードな運賃と比較すると、往復で最大60ポンド安くなるという。

 機内持ち込み手荷物は二つまで無料だが、受託手荷物は別料金で、一つ当たり往復80ポンド以上かかる。座席指定も片道20ポンド必要。食事・飲み物や機内エンターテインメントは通常通り。

 割安運賃の導入は、ほかの航空会社との競争激化が背景にある。ロンドン-シンガポール便では、ノルウェーの格安航空会社(LCC)ノルウェージャンが昨年9月にシンガポール-ロンドン直行便を開設。オーストラリアのカンタス航空は最近、シドニー-ロンドン便の経由地をドバイからシンガポールに戻している。

 割安運賃を設定したのは、ロンドン発着の計10路線で、シンガポール以外の路線のベーシック運賃は最低で、ドバイ便が143ポンド、ボストン便が175ポンド、オークランド便が185ポンド、デンバー便が191ポンド、デリー便が210ポンド、香港便が228ポンド、フィラデルフィア便が234ポンド、プンタカナ(ドミニカ共和国)便が240ポンド、オースティン便が246ポンド。

 BAの担当者は「当社の顧客はビジネス客、レジャー客、短期旅行客、長期旅行客など様々だ。当社が提供する運賃はこうした異なるニーズを反映し、顧客が最適の選択をできるようにする必要がある」と述べた。
 
  • Facebook

バナー 編集者募集
キャリアコネクションズ ヘルス&ビューティーガイド
バナー Excel Property ロンドン不動産

日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが受賞いたしました!

UK便利ガイド検索

カテゴリ選択
City / County
エリア