バナー
Sat, 21 April 2018

英国発ニュース

英WPPのソレルCEOが辞任-不正調査受け「今退くのが一番」

 (ロンドン 4月15日 時事)英広告大手WPPは14日、同社を30年以上率いてきたマーティン・ソレル最高経営責任者(CEO)(73)が辞任したと発表した。同社はソレル氏が不正行為を行った可能性があるとして調査していた。

 発表によると調査は終結し、「重大な金額」が絡む疑いではなかったという。ソレル氏は「今退けば会社にとって一番いいと思う」と述べた。

 英「デーリー・テレグラフ」(電子版)は、ソレル氏がWPPを「ワイヤバスケットを製造する小さな会社から世界最大の広告グループに変えた」とたたえた。

 後任は未定。次期CEOが任命されるまではロベルト・クアルタ会長が執行役会長を務める。

 ソレル氏は「最もよく知られ、最も高給の英財界首脳の1人」(「ガーディアン」紙)とされる。
 
  • Facebook

バナー 編集者募集
キャリアコネクションズ 習い事&スクールガイド
バナー バナー

日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが受賞いたしました!

UK便利ガイド検索

カテゴリ選択
City / County
エリア