ロンドンのゲストハウス
Sat, 16 February 2019

英国発ニュース

英運輸相、「合意なき離脱、EUのせい」-合意ほごの責任転嫁

 (ロンドン 2月6日 時事)メイ政権のクリス・グレイリング運輸相は5日付の「デーリー・テレグラフ」紙のインタビューで、英国の欧州連合(EU)離脱が混乱を招く「合意なき離脱」に終わった場合、「EUが責任を取る必要がある」と述べ、国際的な約束をわずか2カ月でほごにしようとしている英政府に非は全くないという認識を鮮明にした。

 この中でグレイリング氏は「われわれはEUと合意に向けて協力したい。しかし、EUにそうする用意がないなら、EUは『合意なき離脱』に向かう責任を取らねばならない」と訴え、合意なき離脱へ突き進む英政府の責任をEUに転嫁した。

 英政府は昨年11月、EUと離脱案で正式に合意。その後、離脱案は英議会で大差で否決されたため、英政府がEUに再交渉を要求している。

 ただ、政権交代が起きたならまだしも、メイ首相は自ら交渉の指揮を執り、合意をまとめた中心人物だ。妥結内容にも「最善で唯一可能な合意だ」と、何度も太鼓判を押してきた経緯がある。

 にもかかわらず、なぜ舌の根も乾かぬうちに態度を豹変(ひょうへん)させ、再交渉を主張できるのか、それを正当化できるのか、理解に苦しむという意見は少なくない。
 
  • Facebook

初めての治験はHMR 海外・日本帰国 引越しガイド
キャリアコネクションズ 映画のエキストラ募集
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド
ブログ ゲンダイゲストハウス

UK便利ガイド検索

カテゴリ選択
City / County
エリア