instagram Facebook ツイッター
三味線リサイタル 本條秀慈郎
Tue, 18 June 2019

英国発ニュース

「合意なき離脱」強行も-ジョンソン前外相示唆

 (ロンドン 6月14日 時事)13日付の「タイムズ」紙は、ジョンソン前外相が、欧州連合(EU)離脱を期限の10月末までに実現させるためなら、混乱必至の「合意なき離脱」を強行することも排除しない考えを示したと報じた。メイ首相の後任を決める与党・保守党の党首選第1回投票を13日、1位で通過したジョンソン氏は、この勢いを保てば7月下旬にも首相の座に就く公算が大きい。 

 同紙によると、ジョンソン氏はEUからの独立を重視する与党の強硬派議員に対し、離脱達成のため議会をしばらく閉会する選択肢を温存すると伝えた。議会は「合意なし」に反対だが、閉会では政府に対抗できない。

 他の党首選候補も議会の閉会をちらつかせており、EUとの緊密な関係維持を望む穏健派や、EU残留派は焦燥感を強めている。強硬派は「EUと何の取り決めもなく離脱しても英国は繁栄できる」と主張。「合意なし」を恐れていない。
 
  • Facebook

初めての治験はHMR 英国新生活ガイド
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド
ブログ 海外・日本帰国 引越しガイド