instagram Facebook ツイッター
ロンドン生活便利サイト neconote
Thu, 20 February 2020

英国発ニュース

ラーブ外相、シンガポールとの貿易協議に意欲―米国との早期妥結確信

 (シンガポール 2月10日 時事)英国のラーブ外相は10日、日本を含むアジア太平洋4カ国の歴訪の一環としてシンガポールを訪問した。1月末の欧州連合(EU)離脱後、主要閣僚の外遊は初めて。EU離脱後の外交・経済戦略「グローバル・ブリテン」の第一歩として、アジア太平洋地域との関係強化を目指している。ロイター通信によると、ラーブ外相はシンガポールについて、英国がEU離脱後に最初に貿易協定を結ぶ相手国の一つになることへの期待感を示した。

 ラーブ外相の他の外遊先は日本、オーストラリア、マレーシア。いずれも英国が関心を示す環太平洋連携協定(TPP)参加国だ。

 ラーブ外相はシンガポールで記者団に対し、英国が先月、次世代通信規格「5G」の整備をめぐって中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)の参入を一部容認したことについて、米政府の懸念を深刻に受け止めていると説明。ただ、英国との自由貿易協定(FTA)早期締結は可能だと確信していると語った。5Gをめぐっては、米国が安全保障上の脅威を理由に同盟国にファーウェイ製品排除を迫っていた。英国のファーウェイ容認を受け、トランプ米大統領がジョンソン首相との電話会談で激怒したと報じられた。
 
  • Facebook

2020年 カレンダー販売
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ