instagram Facebook ツイッター
ロンドン生活便利サイト neconote
Thu, 20 February 2020

英国発ニュース

英高速鉄道の計画続行―費用高騰で世論逆風も

 (ロンドン 2月12日 時事)ジョンソン首相は11日、英高速鉄道「HS2」の建設計画を予定通り続行すると表明した。建設費用の高騰で世論の反発が強まり、政府が計画を見直していたが、ジョンソン氏は「計画の管理体制は貧弱だったが、根本的な価値を損なうものではない」と青信号を出した。

 HS2をめぐっては、鉄道車両の製造で日本の日立製作所がカナダのボンバルディアと組んで受注を目指している。

 HS2は2026年にロンドンと中部バーミンガム間で開業し、第2段階でリーズやマンチェスターなどに延伸する計画だ。ただ、11日公表された計画見直しの第三者委員会の報告書によると、開業は28~31年に遅れる見込みで、全体が完成するのは40年になる可能性があるという。 

 建設費用は当初最大557億ポンド(約7兆9000億円)の予定だったが、877億ポンド(約12兆5000億円)に膨らむ見通しだ。

 ジョンソン氏は「われわれはこれを成し遂げる。計画の規律を立て直す」と述べ、建設に向けて努力する考えを示した。
 
  • Facebook

2020年 カレンダー販売
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ