instagram Facebook ツイッター
NHK交響楽団 nhkso
Thu, 20 February 2020

英国発ニュース

内閣改造、概要判明―ラーブ外相らは留任

 (ロンドン 2月13日 時事)ジョンソン首相による13日の内閣改造・与党人事の概要が明らかになった。リシ・スナク首席財務担当相を財務相に起用したほか、アロク・シャーマ国際開発相を民間企業相に、オリバー・ダウデン主計長官をデジタル・文化・メディア・スポーツ相に充てた。スティーブン・バークレイ元EU離脱担当相は首席財務担当相となった。

 ドミニク・ラーブ外相、ベン・ウォレス国防相、マイケル・ゴーブ国務相、プリティ・パテル内相、エリザベス・トラス国際貿易相らは留任した。

 法務長官にはセーラ・ブレイバーマン元欧州連合(EU)離脱担当政務官、環境・食料・農村相にはジョージ・ユースティス環境・食料・農村担当閣外相、国際開発相にはアンヌマリ・トレベリヤン防衛担当相、北アイルランド相にはブランドン・ルイス国務相が決まった。

 ロバート・バックランド司法相、マット・ハンコック保健・社会福祉相、テレーズ・コフィ雇用・年金相、ゲビン・ウィリアムソン教育相、ナタリー・エバンズ上院院内総務、ジェーコブ・リースモグ下院院内総務、ロバート・ジェンリック住宅・地域社会・自治相、グラント・シャップス運輸相、アリスター・ジャック・アイルランド相、サイモン・ハート・ウェールズ相、マーク・スペンサー下院院内幹事長らは留任した。

 サジド・ジャビド財務相は、側近の更迭を条件に留任を提示した首相に反発、辞任した。アンドレア・レッドソム民間企業相、ジェフリー・コックス法務長官、ジュリアン・スミス北アイルランド相、テリーザ・ビリアーズ環境・食料・農村相らは更迭された。

 ドミニク・カミングス首相上級顧問による改造人事への介入が鮮明となった。民主的な負託もなく権勢を振る同氏は、政権内に亀裂を生じさせるリスクをはらんでいる。
 
  • Facebook

2020年 カレンダー販売
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ