jcb
Wed, 22 September 2021

英国発ニュース

全米テニス、ラドゥカヌが初優勝―予選から初の栄冠

 (ニューヨーク 9月12日 時事)テニスの四大大会、全米オープンは11日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで女子シングルス決勝が行われ、予選から勝ち上がった18歳のエマ・ラドゥカヌ(英国)が、19歳のレイラ・フェルナンデス(カナダ)に6対4、6対3でストレート勝ちし、四大大会初優勝を果たした。

 四大大会のシングルスでオープン化以降、予選から出場した選手が優勝するのは男女を通じて初めて。優勝賞金は250万ドル(約2億7500万円)。

 大会前の世界ランキングはラドゥカヌが150位、フェルナンデスが73位。ともにノーシードから勝ち進み、四大大会の女子決勝で22年ぶりに10代同士が対戦した。 

 ◇ラドゥカヌの略歴

 エマ・ラドゥカヌ(英国)カナダ・トロントで生まれ、2歳の時に英国に移住。5歳でテニスを始める。18年にウィンブルドン選手権と全米オープンのジュニアの部で8強入り。今年のウィンブルドンで四大大会初出場を果たし、4回戦に進出。175センチ。18歳。
 
  • Facebook

英国・ドイツニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト 2021
JFC ゆめにしき
バナー バナー londoniryo_dental バナー

プリペイドSIMカード - Japan Travel SIM

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド
ブログ