Bloomsbury Solutions
Wed, 21 February 2024

英国発ニュース

ED治療薬、認知症に効果か―英大学調査

(ロンドン 2月10日 時事)「バイアグラ」などの男性機能不全(ED)治療薬を服用する男性は、アルツハイマー病を発症するリスクが18%低いとする調査結果が、学術誌「ニューロロジー」に7日発表された。認知症研究慈善団体アルツハイマーズ・リサーチUKは「すでに認可されている薬を利用できれば、認知症の原因となる疾患の予防や治療に新たな道を開くことができる」と指摘している。

ユニバーシティー・カレッジ・ロンドン(UCL)の研究者が、EDと診断された40歳以上の男性26万人超のうち、診断後にアルツハイマー病を発症した約1100人を調査。ED治療薬の服用者は非服用者より発症率が18%低いことが分かった。 

調査に当たったUCLのブラウアー博士は英紙に対し、「(発症率の差が)薬のせいだとは断定できないが、この結果は将来に向けてどうすべきかを考える材料を与えてくれる」と指摘。関連性を確認するため「女性に対する効果を調べる臨床試験が必要だ」と述べた。
 
  • Facebook

日系に強い会計事務所 グリーンバック・アラン 不動産を購入してみませんか LONDON-TOKYO お引越しはコヤナギワールドワイド Dr 伊藤クリニック, 020 7637 5560, 96 Harley Street

JapanHouse_202402 JRpass

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
ロンドン・レストランガイド
ブログ