子供の将来を決める切実な問題

帰国子女の悩み

海外生活を経て日本へ帰国するに際して、子供の教育は、新居は……と多くの悩みを抱えている方も多いのでは。しかし、海外滞在中からこうした情報収集を行ったり、帰国者向けの多種多様なサービスを利用することで、心配事が解消されるはず。そこで、「教育」「住まい」「年金」「老後」をテーマに、専門家にお話を伺います。

回答者:「フレンズ帰国生母の会」の稲垣さん

帰国後、日本の学校にうまく適応できない帰国子女が多いと聞きます。海外生活には順応できたのに、母国である日本で問題が起きてしまうのはなぜですか。

海外では親も子も心構えを持って努力しますし、日本人生徒を受け入れている海外の学校では、異文化の子供たちを受け入れるためのプログラムが整っています。一方、日本のすべての公立小中学校で帰国生や外国人を受け入れていますが、日本語補習プログラムなど受け入れ体制がどこでも整っているとは言えないのが現状です。順応に時間が掛かり、自分が日本人であるのに日本の学校になじめないことに戸惑ってしまうという事例が多く見受けられるようです。


海外と日本の教育における一番の大きな違いとは何でしょうか。

海外では長所を褒めて伸ばす教育に重きを置きますが、日本ではむしろ不得意な分野を克服し、すべてを平均的にこなすことが子供たちには求められます。とりわけ日本の公立中学の場合、成績が特に低い科目が一つでもあると、公立高校への進学が難しくなる場合もあります。

また日本の教育は、高校・大学受験のための科目履修や演習に力を入れており、中高一貫校では大学受験に向けての先取り教育が実施されています。さらに塾通いや満員電車での通学などを大きな負担に感じる帰国生もいるようです。

小学校では、日本の学校文化や慣習(ランドセル・下駄箱・給食・朝礼・掃除当番・和式トイレ・教室での着替えなど)が、帰国生の目には異文化として映ります。また当然知っているべき話題を知らないために友達との話についていけない、学校での音楽や体育などの授業でピアニカ・縦笛・縄跳び・跳び箱・鉄棒などができない、授業中に自由な発言ができないなどの違いに戸惑ってしまう場合があります。


ストレスを与えることなく子供を日本の生活に順応させるには、どのようなことに配慮すべきでしょうか。

親は海外生活への適応に心を砕いたのと同様に気を配り、子供の話にゆっくりと耳を傾けるようにしましょう。帰国後、分からないことがあるのは当たり前と捉えて、「何でも聞いてね。一緒に調べてみよう」とお子様に伝えましょう。また帰国前から、「楽しみなこと」として日本の学校生活についてお子様に話しておくと良いでしょう。

また子供は文化比較をすることで様々なことを学びます。どこの国にも、良いところと、そうでないところがありますよね。そうした点について、まずは子供の「気付き」を褒め、共感し、ノートに書かせて、一緒に考える姿勢を持つと良いでしょう。

稲垣芙佐子さん

「フレンズ帰国生母の会」代表。1973年よりニューヨーク、タイ、ブラジル、中国に赴任した夫に帯同。帰国後に公立小学校で「帰国生の親の会」を発足させ、83年設立の「フレンズ帰国生母の会」に入会。情報誌「母親が歩いて見た帰国生のための学校案内」や機関誌の発行、個別相談受付、企業・官庁在外職員向け赴任前セミナーの開催などをしている。
www.ne.jp/asahi/friends/kikoku



バックナンバー:
第1回 教育 「帰国子女の悩み」
第2回 教育 「帰国子女の受け入れ事情」
第3回 教育 「帰国後の学校の選び方」
第4回 教育 「帰国後の塾選び」
第5回 (1) 教育 「帰国後の学校選び」
第5回 (2) 教育 「帰国後の学校生活」
第6回 (1) 教育 「帰国後の学校選び」
第6回 (2) 教育 「帰国後の学校生活」
第7回 教育 「帰国後の学校選び」
第8回 住まい 「帰国後の住まい作り」
第9回 住まい 「帰国後の住まい作り」
第10回 就職 「帰国後の就職」
第11回 就職 「帰国後の就職」
第12回 就職 「帰国後の就職」

 

立命館宇治中学校・高等学校

ドコモのご帰国前携帯予約サービス

帝京ロンドン学園 高等部

 

 

英国ニュースダイジェスト  |  フランスニュースダイジェスト  |  ドイツニュースダイジェスト

英国ニュースダイジェストに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright ©2005-2011 Eikoku News Digest Ltd. All Rights Reserved. Do not duplicate or redistribute in any form.