子供の将来を決める切実な問題

帰国後の学校の選び方

海外生活を経て日本へ帰国するに際して、子供の教育は、新居は……と多くの悩みを抱えている方も多いのでは。しかし、海外滞在中からこうした情報収集を行ったり、帰国者向けの多種多様なサービスを利用することで、心配事が解消されるはず。そこで、「教育」「住まい」「年金」「老後」をテーマに、専門家にお話を伺います。

回答者:「フレンズ帰国生母の会」の稲垣さん

帰国当初は日本の生活に順応できずにいたものの、やがて日本で充実した生活を送ることができるようになった帰国子女の例を教えてください。

私自身の娘たちは、海外で生まれ、11歳と9歳で初めて日本に帰国しています。そして、日本の生活への適応には随分と苦労しました。

ただ、彼女たちが通った学校は帰国生に対する十分な理解があったので、先生方が、娘を含めた帰国生たちに書かせた作文をまとめた冊子を作って帰国生ならではの体験や思いを多くの生徒や父兄に伝えてくださったり、国際理解教育の一環として異文化体験を語る授業を行ったり、親が開催する各種関連イベントに協力してくださったりしました。お陰で、時間はかかりましたが、娘たちは日本での生活に適応していくことができました。

お子様一人ひとりが海外に行ったときの年齢・滞在期間・学校環境・家庭環境などの違いで、日本の生活への適応にかかる時間やその過程は異なります。帰国生が自分らしく、海外生活を貴重な宝とし、また日本の生活を充実した楽しいものとするためには、何よりも、帰国後にそのお子様に合った学校選びをすることが大切です。


日本に帰国後に通う学校の探し方や選び方のポイントは何ですか。

親ではなく、お子様自身の選択を第一とすることが重要です。お子様が自分で納得して選んだ学校であれば、そこで多少の困難があったとしても、お子様はその困難を乗り越えていくものです。まずは通学に無理のない地理的範囲にて学校を探し、また帰国生への指導体制や教育内容などを調べた上で、数校を選択しましょう。一時帰国時や帰国後にお子様と一緒にそれらの学校を実際に訪問してみて、生徒の様子や先生の対応なども参考になさってください。


帰国後、どうしても子供が日本の生活になじめない場合は、どういった解決方法がありますか。

ほとんどの帰国生は、帰国後1〜3年で日本の学校文化や習慣になじみ、また文化の違いを理解するようになります。問題となるのは、学校の友達や先生とコミュニケーションが取れないなどといった、人間関係でうまくいかないケースです。その場合はスクール・カウンセラーや校長先生と相談しましょう。転校が必要となることもあるかもしれません。

さらに、各自治体には相談室が設けられています。また心身症が発症したり不登校などが起きたりした場合には、心療内科の先生など専門家にご相談された方が良いでしょう。

稲垣芙佐子さん

「フレンズ帰国生母の会」代表。1973年よりニューヨーク、タイ、ブラジル、中国に赴任した夫に帯同。帰国後に公立小学校で「帰国生の親の会」を発足させ、83年設立の「フレンズ帰国生母の会」に入会。情報誌「母親が歩いて見た帰国生のための学校案内」や機関誌の発行、個別相談受付、企業・官庁在外職員向け赴任前セミナーの開催などをしている。
www.ne.jp/asahi/friends/kikoku



バックナンバー:
第1回 教育 「帰国子女の悩み」
第2回 教育 「帰国子女の受け入れ事情」
第3回 教育 「帰国後の学校の選び方」
第4回 教育 「帰国後の塾選び」
第5回 (1) 教育 「帰国後の学校選び」
第5回 (2) 教育 「帰国後の学校生活」
第6回 (1) 教育 「帰国後の学校選び」
第6回 (2) 教育 「帰国後の学校生活」
第7回 教育 「帰国後の学校選び」
第8回 住まい 「帰国後の住まい作り」
第9回 住まい 「帰国後の住まい作り」
第10回 就職 「帰国後の就職」
第11回 就職 「帰国後の就職」
第12回 就職 「帰国後の就職」

 

立命館宇治中学校・高等学校

ドコモのご帰国前携帯予約サービス

帝京ロンドン学園 高等部

 

 

英国ニュースダイジェスト  |  フランスニュースダイジェスト  |  ドイツニュースダイジェスト

英国ニュースダイジェストに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright ©2005-2011 Eikoku News Digest Ltd. All Rights Reserved. Do not duplicate or redistribute in any form.