帰国子女の生の声を聞く

帰国後の学校選び

海外生活を経て日本へ帰国するに際して、子供の教育は、新居は……と多くの悩みを抱えている方も多いのでは。しかし、海外滞在中からこうした情報収集を行ったり、帰国者向けの多種多様なサービスを利用することで、心配事が解消されるはず。そこで、「教育」「住まい」「年金」「老後」をテーマに、専門家にお話を伺います。

回答者: 松尾雄太さん

何年間フランスに滞在しましたか? また滞在中、どのような学校に通われましたか?

フランスで生まれてから15年間滞在しました。学校はパリ日本人学校に通っていました。ただ、小学校5年の3学期から中学2年の2学期まではフランスの現地校に通いました。


帰国後、どのように学校に入学されましたか? また、その学校を選んだ理由を教えて下さい。

高校1年生のとき、編入試験を受けて私立の南山国際高等学校に入学しました。母と一緒に、知り合いに相談し、自分にはどんな学校が合うのだろうかと情報を集めていたところ、この高校を知りました。実際に見学しに行き、話を聞いて決めました。

この高校は全生徒が帰国子女というのもあって、他の高校と比べて非常に雰囲気、居心地が良かったです。教室でも生徒の滞在していた国々のキャラクターが出ていました。生徒一人一人の外見は日本人でも、中身は日本人じゃないという印象でした。


英語圏ではない帰国子女の場合、受験で英語があるのは大変ではありませんでしたか?

そんなに大変ではありませんでした。受験前に英検準2級程度しか取得していません。入試は、国語、数学、英語の3教科+面接という「編入試験」と呼ばれるものを受けました。


帰国後の進学先で困ったことはありませんでしたか?

日本の高校ではサッカー部に所属しました。フランスでもサッカーを習っていましたが、週1度の練習のみだったので、日本では技術面、精神面、体力面といったほぼすべてで苦労しました。勉強面では、フランスにいたときから日本語での教育が長かったため、あまり苦労はなかったです。


フランスに滞在したことで、何を取得したと思いますか?

日本とフランスの違いを身をもって知ることができました。例えば日本人は、先生の質問の答えが分かっても、聞かれるまでは答えません。これを消極的と取るか謙虚と取るかは難しいと思いました。一方フランス人は、過剰なほど自分の意見を主張し、目立ちたがり屋のような気がします。これも良さでもあり、悪さでもあると思います。


今後日本に帰国される方にアドバイスをするとすれば?

日本に帰国し、周りとの感覚が少し違うと感じることもあります。しかしそれは間違っているのではなくて、自分の特徴だと思います。海外で得た経験はどんどん生かしていくべきだと思います。日本でできない事を、たくさんして下さい。何でもいいです。すべて経験となり自分を助けてくれると感じています。

松尾雄太さん

1992年、フランス・ブーローニュ生まれ。両親の仕事の関係で、1992〜2007年までフランスに滞在。フランス滞在中は日本人学校と現地校に通う。2007年に日本へ帰国し、南山国際高等学校第1学年へ編入。現在は名古屋外国語大学に通う。



バックナンバー:
第1回 教育 「帰国子女の悩み」
第2回 教育 「帰国子女の受け入れ事情」
第3回 教育 「帰国後の学校の選び方」
第4回 教育 「帰国後の塾選び」
第5回 (1) 教育 「帰国後の学校選び」
第5回 (2) 教育 「帰国後の学校生活」
第6回 (1) 教育 「帰国後の学校選び」
第6回 (2) 教育 「帰国後の学校生活」
第7回 教育 「帰国後の学校選び」
第8回 住まい 「帰国後の住まい作り」
第9回 住まい 「帰国後の住まい作り」
第10回 就職 「帰国後の就職」
第11回 就職 「帰国後の就職」
第12回 就職 「帰国後の就職」

 

立命館宇治中学校・高等学校

ドコモのご帰国前携帯予約サービス

帝京ロンドン学園 高等部

 

 

英国ニュースダイジェスト  |  フランスニュースダイジェスト  |  ドイツニュースダイジェスト

英国ニュースダイジェストに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright ©2005-2011 Eikoku News Digest Ltd. All Rights Reserved. Do not duplicate or redistribute in any form.