住宅の専門家の声を聞く

帰国後の住まい作り

海外から日本への帰国を控え、海外滞在中から日本での新しい住まい作りを始める方が増えています。家の購入という、人生で一番大きな買い物に関するあらゆる心配事も、専門のサービスなどを利用することで解消されるはず。今回は、主に海外駐在員の方々やそのご家族から、日本での住まい作りの相談を数多く受けてきた方にお話を伺います。

回答者: 旭化成ホームズの村山裕一さん

海外に住みながら日本で家作りを行う利点は何ですか。

面倒な引越しが一度で済むということや、日本で低金利が続いているうちに住宅ローンを組めるという点などです。また今後は、消費税が上がる前に住宅取得ができるというメリットも出てくるのではと思っています。


どのような方々が、海外赴任中に帰国後の住まい作りを考えるようになるのでしょうか。

主に「お子様の進学に合わせて、奥様とお子様だけでも帰国されたい方」「両親の仮住まい負担を考えて老朽化した実家を建て替えたい方」「遊休地を活用し賃貸住宅を建築することで、円建ての賃料収入を得たり、相続税対策をされたい方」の3つのケースが挙げられます。


海外から日本の住まい作りを始める場合、帰国予定日のどれくらい前から計画を立てれば良いのでしょうか。

建築工期そのものは4〜5カ月ほどなのですが、それまでの打ち合せ・許認可申請などの期間を考えると、住宅完成希望日の1年前までには計画を具体化されるのが良いと思います。


遠く離れた場所にいながら住まい作りをするのは難しいのではないかと感じますが、どのように工事に着手し、また進捗状況を確認することができるのでしょうか。

注文住宅の場合、どこに依頼するかで品質や価格が異なりますから、海外居住中からカタログなどの情報収集をし、可能であれば一時帰国時に住宅展示場を見て回ることをお勧めしています。またハウス・メーカーの場合であれば、工事着手後は図面通りに部材が搬入されお家ができあがってきます。工事の進捗状況などはメールなどで定期的にご報告させて頂きますので、まずご心配はないかと思います。基本的な打ち合わせはメールや郵送・お電話でもできますが、大切なポイントになる項目については実際にお会いしてのお話が不可欠です。一時帰国のタイミングで打ち合わせができれば良いのですが、ほとんどの方はご都合が合いません。従って、弊センターでは大切なポイントになる打ち合わせ時には、専任スタッフが直接海外にお伺いしております。


現在、帰国後の住まいについてお悩みの方へアドバイスをお願いします。

まずは、ご興味のあるハウス・メーカーに問い合わせすることから始めてみてはいかがでしょうか。ご相談いただくうちに、本当に海外にいるうちに住宅建築を行なうべきなのか、それともご帰国後に行なった方が良いかが明確になってくると思います。

また海外居住中に計画を進める場合は、住宅ローンの組み方や住宅ローン控除の適用要件など、海外居住者の方が気を付けなければ損をしてしまう大切なポイントがいくつかございます。失敗なさらないよう、海外居住者の家作りに精通している担当者を見つけてください。

旭化成ホームズ株式会社 海外ハウジング・センター
村山 裕一さん

1978年3月17日生まれ、早稲田大学政治経済学部卒。2000年旭化成ホームズ(株)入社。05年より海外ハウジング・センターにて、海外居住者向け出張セミナーや具体的なお手伝いを行っている。
www.hebel-kaigai.com



バックナンバー:
第1回 教育 「帰国子女の悩み」
第2回 教育 「帰国子女の受け入れ事情」
第3回 教育 「帰国後の学校の選び方」
第4回 教育 「帰国後の塾選び」
第5回 (1) 教育 「帰国後の学校選び」
第5回 (2) 教育 「帰国後の学校生活」
第6回 (1) 教育 「帰国後の学校選び」
第6回 (2) 教育 「帰国後の学校生活」
第7回 教育 「帰国後の学校選び」
第8回 住まい 「帰国後の住まい作り」
第9回 住まい 「帰国後の住まい作り」
第10回 就職 「帰国後の就職」
第11回 就職 「帰国後の就職」
第12回 就職 「帰国後の就職」

 

立命館宇治中学校・高等学校

ドコモのご帰国前携帯予約サービス

帝京ロンドン学園 高等部

 

 

英国ニュースダイジェスト  |  フランスニュースダイジェスト  |  ドイツニュースダイジェスト

英国ニュースダイジェストに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright ©2005-2011 Eikoku News Digest Ltd. All Rights Reserved. Do not duplicate or redistribute in any form.