instagram Facebook ツイッター
Mon, 03 August 2020
バスカー土門の人生相談

土門秀明(どもんひであき)
山形県酒田市出身。バブルガム・ブラザーズのギタリストとして活躍後、渡英。2003年、日本人初のロンドン地下鉄演奏許可証(バスキング・ライセンス) を取得。著書に「地下鉄のギタリストBusking in London」(水曜社)がある。入魂のソロアルバム「From the Underground」 、ライブアルバム「Live in Tube」 も絶賛発売中。2012年5月より「地下鉄のギタリスト 第2章 激闘編」として未発表日記、爆笑ボツネタブログを開設!www.domon.co.uk

天国への階段 by Led Zeppelin

Dear ドモンさん
こんにちわ。ロンドンでバンドを組んでいるプロ・ミュージシャン志望の19歳(男)です。やっとバンド・メンバーも固まりライブをやり始めたのですが、集客が思うようにいきません。頑張って告知などをしても、いつも10人くらいしか集まらなくて……。どうしたらもっと集められるのでしょうか? あと、 僕は絶対プロになりたいのですが、プロになるにはどうすれば良いのでしょうか?

回答

10人熱狂させられたら1万人熱狂させられる(かもよ)。

まあ、人には好き嫌いがありますから、10人中10人を熱狂させるのは難しいとしても、その1割、たった1人でもいいんですよ。ライブを観た人の1割が熱狂してくれたら、口コミやブログなどで噂が広がり、段々とファンがついていきます。ですから、もし次回またお客が少なかったとしても問題ありません。「1人でもいいから熱狂させてやるぞっ!」という気迫でステージに上がってください。本当に良いバンド、良い音楽であれば、必ず広がっていきますよ。

あと、プロになりたいとのことですが、「プロ」って何でしょう?お金貰って仕事するってことですかね?でも、ギャラを貰ってるミュージシャンでもヘロヘロの人はいますからねえ……。いくら稼いでいても、そういう人はプロとは呼べないと私は思います。どんな仕事でも「プロフェッショナル」という称号は、しっかりとした技術と豊富な経験を持った人に与えられるものだと思いますので、今は余計なことは考えず、しっかりと練習して腕を磨いてください。

そんなあなたに
天国への階段
by Led Zeppelin

1973年の全米ツアーの音源を元に作られた伝説の2枚組アルバム「レッド・ツェッペリン狂熱のライヴ」にも収録されている説明不要の名曲。当時この曲の影響で自殺が多発したらしい。この曲のような秀逸なメロディー、綿密なアレンジ、ノリのある演奏でお客のハートをガッチリつかんでくれい!

 
  • Facebook

バナー バナー バナー バナー

コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ