instagramGoogle+FacebookツイッターRSS feed
バナー
Wed, 24 May 2017

英国でも電車内で居眠りする人が増加中!

公共の交通機関で居眠りをする、疲れ果てた英国人たちが最近増えているという。「メトロ」紙が伝えた。

 ロンドン・ミッドランド・トレインのスポークスマンによると、車掌たちは、寝過ごして終点まで行ってもまだ気が付かずに寝ている乗客がいないかどうか、車庫に入る前にすべての車両を確認するのが常になっているという。

 GMB(全国都市一般労組)の委員長、ティム・ローチは、多くの人が低賃金のため仕事を掛け持ちして光熱費などの支払いをしているとし、人々が疲れているのは驚くべきことではないと説明。

 各労働組合の幹部たちは、英国に住む人々は、今までにないほど働いており、それが「fly kipping」(交通機関での居眠り)に繋がっているという。そして「もし政治家たちが今度の選挙で、働く国民たちを本気で助けたいと考えているなら、安定した仕事や適切な権利をもたらすようにするべき」とのこと。
 

メイ首相、「ハリー・ポッターの本、全部読んだ」はずなのに……

16日、英中部バーミンガムの小学校を訪れたメイ首相。児童に向かって、自分はハリポタの本を全部読んだと告げるが、「登場人物の中で誰が一番、自分に似ていると思うか」という問いに苦笑いをし、「誰にも似ていない」と答える一場面があった。「デーリー・テレグラフ」紙が伝えた。

 選挙戦の一環で同小学校を訪問したメイ首相は、ハリポタのファンという児童に「私も全部読んだ」「どれも良いわね」などと答えた。だがそばにいた「デーリー・テレグラフ」紙の記者が「登場人物の中で誰が一番、自分に似ていると思うか」と質問をしたところ、答えを濁し、「誰にも似ていないと思うけれど、ハリー・ポッターは子供が読んでも大人が読んでも楽しめる本ですね」としめくくった。「メトロ」紙は、「メイ首相がなぜ質問に答えなかったのかは分からない」とし、「ただ、子供に本を読んだと嘘をつき、答えを誤魔化したのではないはずだ。なぜなら政治家は嘘をつく人たちではないから」と痛烈な皮肉を飛ばしている。
 

テイラー・スウィフト、次のお相手も英俳優

 英俳優のトム・ヒドルストン(36)と昨年9月に破局した米歌手のテイラー・スウィフト(27)が、新たなボーイフレンドとの交際を開始していると噂されている。「サン」紙が報じた。

 今回のお相手も引き続き英国俳優で、ハリウッド映画「ビリー・リンの永遠の一日」などで現在売り出し中のジョー・アルウィン(26)。情報によると、今も両親と住むアルウィンに会うため、スウィフトはプライベート・ジェットで英国に通っているほか、滞在時用にロンドン北部にフラットも借りているという。ただし、2人の関係が公にならないよう細心の注意を払い、帽子やウィッグなどを用いてカモフラージュし、フラットの隣人ですらスウィフトの存在に気が付いていないとか。

taylor-swift

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 287 ページ
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • Facebook
  • Check

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

キャリアコネクションズ バナー バナー 習い事&スクールガイド
バナー バナー

企画営業・ライター・翻訳者募集中
英国新生活ガイド ロンドン・レストラン・ガイドブログJapan Digestゲンダイゲストハウス

UK便利ガイド検索

カテゴリ選択
City / County
エリア