instagramGoogle+FacebookツイッターRSS feed
ロンドンのゲストハウス
Thu, 23 February 2017

Life at the Royal Ballet バレエの細道

最終回 限りなく続く細道

4月からロイヤル・オペラ・ハウスで幕を開けるバレエ作品、「ラ・バヤデール」と「マイヤリング」。

続きを読む...
 
最終回 蔵健太の「バレエの細道」

昨日の夜公演は、前回のコラムでも話したデビューの役。楽しくて楽しくて、あっという間に時間が経ってしまった。今、目を閉じても、始めのステップから最後のカーテン・コールまで見てきた景色、体で感じた空間など、舞台上での色々なことを思い出せる。

続きを読む...
 
第32回 Behind the camera: カメラの後ろ

幼かったころ、3歳から13歳ごろまで、ファッション・モデルやテレビのCMモデルとして仕事(?)をしていました。

続きを読む...
 
第33回 靴ひもを結ぶように

2013年も1カ月が過ぎた。今シーズンも半分が終わろうとしているが、ロイヤル・バレエ団では相変わらずの忙しさが続いている。

続きを読む...
 
第31回 バレエ・ダンサーの悪夢

あけましておめでとうございます。新年の初夢には皆さん、どのような夢を見たでしょうか。今回は、夢は夢でもできれば見たくない、悪夢についてお話したいと思います。

続きを読む...
 
第32回 5年ぶりの「病欠」

突然の話だが12月始めに風邪を引き、バレエ団のリハーサルを1日休んだ。「だからどうしたんだ」と思う人もいるかもしれないが、自分はこの5年間、怪我を除き病気で会社を休んだことが一度も無かった。

続きを読む...
 
第30回 バレエと俳句の共通点

かつて、詩人のポール・ヴァレリーは、詩は「言語に基づく芸術である」と言い表したそうですが、その通り、詩は様々な形式やジャンルにより、感動や情緒、ビジョンなどを言語で表す表現方法の一つであると思います……。

続きを読む...
 
第31回 もう一つの「目」

以前このコラムで、自分らしさと感覚を大事にして舞台に立っていきたいと話したことがあったが、そういった感覚を養うためにはどうしたらいいのかと尋ねる質問が、自分のブログにくることがある。

続きを読む...
 
第29回 「鏡よ鏡……」

皆さんは一日にどのくらい、鏡を見ていますか。朝起きてバスルームに行ったとき、着替えるとき、お手洗いに行ったとき、夜寝る前に歯を磨くとき、そして女性の場合はお化粧直しのとき、などなど……。

続きを読む...
 
第30回 振付家デビューは突然に(きっかけ編)

今から約1年前。旧知のバレエ・コンサート・プロデューサー、久光孝先生が20年にわたり毎年開催していた北海道札幌でのバレエ公演のフィナーレを飾るため、振付家としてデビューすることになった。

続きを読む...
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 > 最後 >>

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • Facebook
  • Check

企画営業・ライター・翻訳者募集中
Japan Travel SIM 習い事&スクールガイド ヘルス&ビューティーガイド ロンドンのラーメン、うどん、そば - イギリス・フランス・ベルギー・ドイツの麺もの大特集!
バナー バナー