instagramGoogle+FacebookツイッターRSS feed
ロンドンのゲストハウス
Sat, 27 May 2017

Life at the Royal Ballet バレエの細道 - 小林ひかる

最終回 限りなく続く細道

4月からロイヤル・オペラ・ハウスで幕を開けるバレエ作品、「ラ・バヤデール」と「マイヤリング」。

続きを読む...
 
第32回 Behind the camera: カメラの後ろ

幼かったころ、3歳から13歳ごろまで、ファッション・モデルやテレビのCMモデルとして仕事(?)をしていました。

続きを読む...
 
第31回 バレエ・ダンサーの悪夢

あけましておめでとうございます。新年の初夢には皆さん、どのような夢を見たでしょうか。今回は、夢は夢でもできれば見たくない、悪夢についてお話したいと思います。

続きを読む...
 
第30回 バレエと俳句の共通点

かつて、詩人のポール・ヴァレリーは、詩は「言語に基づく芸術である」と言い表したそうですが、その通り、詩は様々な形式やジャンルにより、感動や情緒、ビジョンなどを言語で表す表現方法の一つであると思います……。

続きを読む...
 
第29回 「鏡よ鏡……」

皆さんは一日にどのくらい、鏡を見ていますか。朝起きてバスルームに行ったとき、着替えるとき、お手洗いに行ったとき、夜寝る前に歯を磨くとき、そして女性の場合はお化粧直しのとき、などなど……。

続きを読む...
 
第28回 原作ありきか、創作か?

最近、映画「アンナ・カレーニナ」(ジョー・ライト監督)を観ました。私はこの作品をまず初めにバレエで知り、それから映画を観て、現在は原作を読んでいるところです。この原作を読み始めたときに思ったのが「なんで登場人物がこんなにいるのだろう」でした。

続きを読む...
 
第27回 メイク=インチキ?

舞台化粧とは、つまり厚化粧。 客席からかなり離れている舞台上でのダンサーの表情が分かりやすいよう、またダンサーがその演じている役になりきれるようにと、演じる役柄によりメイクを変えます。

続きを読む...
 
第26回 バレリーナの食生活

バレリーナ=食事制限をしなければならない、と考えている方はたくさんいらっしゃると思います。私としては食事制限というよりは、食事管理といった方が良いように感じます。

続きを読む...
 
第25回 バレリーナのアイコン

女性のバレエの衣装と言えば、一番に皆さんが想像するのはきっと、チュチュと呼ばれる、チュールを重ねて作った円盤状のスカートだと思います。チュチュはまさしくバレリーナのアイコンですが、同じチュチュでも色々と種類があります。

続きを読む...
 
第24回 スポーツ心理学とバレエ

ストレス、プレッシャー、緊張などで、物事が思う通りに運ばなかったり、中途半端な結果になってしまったなど、皆さん誰しも経験したことがあるのではないでしょうか。

続きを読む...
 
<< 最初 < 1 2 3 4 > 最後 >>

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • Facebook
  • Check

小林ひかる
東京都出身。3歳でバレエを始める。15歳でパリ、オペラ座バレエ学校に留学。チューリッヒ・バレエ団、オランダ国立バレエ団を経て、2003年から英国ロイヤル・バレエ団に入団。09年ファースト・ソリストに昇進した。
今後のスケジュール
「Ashton's mixed program (La Valse)」 3月12、15、21日
「Apollo / New Wheeldon / New Ratmansky (Apollo)」 3月22日 から
(予定は突如変更になる場合があります)
キャリアコネクションズ バナー バナー 習い事&スクールガイド
バナー バナー

企画営業・ライター・翻訳者募集中
英国新生活ガイド ロンドン・レストラン・ガイドブログJapan Digestゲンダイゲストハウス