instagram Facebook ツイッター
バナー
Sat, 30 May 2020

メイド・イン・ブリテン Made in Britain 英国ブランドの物語

#08 羊毛から生まれた素朴なせっけん

ミッチェルズ・ウール・ファット・ソープ

ミッチェルズ・ウール・ファット・ソープ
オリジナル・ソープ

Mitchell’s Wool Fat Soap / Original Soap
Hand Size Soap 75g £1.90
http://mitchellswoolfatsoap.co.uk

「優しさそのものの伝統的なせっけん」、という思い切った宣伝文句が付いたミッチェルズ・ウール・ファット・ソープ社のせっけん。1930年代のはじめ、羊飼いの手が柔らかくスベスベなことに気が付いた英北部ブラッドフォードの薬剤師フレッド・ミッチェルは、羊毛から出る粘着性のある皮脂分泌物に注目。そして羊の毛を雨や風から守り、しなやかに保つこの分泌物を精製した「ラノリン」を主成分にせっけんを作り上げた。この素朴なせっけんは、現在もミッチェル氏のオリジナル・レシピに基づきヨークシャーで生産されている。 

一般的にラノリンは人間の皮脂の成分に近く、また自分の重さの約3倍の水分を含有できるため、乾燥肌や敏感肌に良いと言われている。海外セレブにも愛用者が多く、さまざまな形で商品展開がされているが、それらはラノリン本来の香りを抑えているものがほとんどだ。同社の商品はもっと素朴で飾らない。鼻を近付けて強く嗅いでみると、かすかに動物性が感じられる独特の香りがするが、水につけ泡立てると、昔懐かしいせっけんの優しい香りに一瞬で早変わり。洗い上がりは比較的さっぱりとしているが、その後肌がつっぱる感じもなく、ひと昔前にあった優しいせっけんを求めている人にぜひお勧めしたい。写真の他に、バスタイム用(大)、旅行用(小)と全3サイズを展開している。

この商品はオンラインで注文ができるが、支払いのカード番号や送付先の住所は電話で直接伝えるという、昔ながらの方法を採用している。購入のハードルは少々上がってしまうものの、それ以上に手に入れる価値がある商品だ。

19 December 2019 vol.1545

 
  • Facebook

ロンドン・レストランガイド ブログ