ニュースダイジェストの制作業務
Wed, 21 February 2024

すぐにでも足を運びたいロンドンのインディペンデント系書店 9選

最新情報はネットの方が早く、どの世代も本離れの時代になっている。そんななか、書店のあり方も変わり始めている。街に大型チェーンの書店が減少した一方、店主の選書のセンスが光る個性的な書店、より専門性を打ち出した店に注目が集まっている。今回は、こだわりを持ったロンドンの新旧の書店9店を紹介する。本も好きだが本屋の空間自体が好きという方にも足を運んでいただきたいところばかりだ。(文:英国ニュースダイジェスト編集部)

参考: The Booksellers Association、 Bookshop.org、The Guardian、http://dotplace.jpほか

Libreria BookshopLibreria Bookshop
Pages of HackneyPages of Hackney
London Review BookshopLondon Review Bookshop
FreedomFreedom
HousmansHousmans
John Sandoe BooksJohn Sandoe Books
Review BookshopReview Bookshop
BookmongersBookmongers
Artwords BookshopArtwords Bookshop

書店をめぐる最近の動き

インディペンデント系書店は年々増えている

英国の書店協会(The Booksellers Association=BA)による2023年1月の調査では、現在英国のインディペンデント系書店の数は1072店。2021年の1027店、2016年の867店から着々とその数を増やしていることが分かる。個性より品ぞろえの多さを重視し、大きな売り場面積を誇ったかつてのチェーン系大型書店は影をひそめたが、それと入れ替わるように特色ある書店が次々に生まれている。新刊書ばかりを並べないだけでなく、ときには古本も同時に扱う店、ソファが置かれカフェを併設する店、レクチャーやワークショップ、展覧会を開催する店など、地域のカルチャー・ハブとなる要素を多く持つのが特徴だ。

便利なBookshop.orgとは

インディペンデント書店が増えているのはロンドンだけではなく、英国内のさまざまな地域でも同様の現象が起きている。BAのメリル・ホール氏によれば、パンデミックを機会にクラウドファンディングを使って書店経営に挑戦する人が一定数いるほか、利益共有プラットフォームBookshop.orgの存在も、インディペンデント書店の増加に影響を与えているという。Bookshop.orgはアマゾンに対抗して2020年1月に米国で立ち上げられたインディペンデント系書店の支援サービスで、同年10月に英国でも開始。私たちがアマゾンではなく同サイトで書籍購入すれば、書店側は売上げの全利益(カバー価格の30パーセント)を得ることが可能。カスタマー・サービスや配送は書店とその販売代理店が行い、配送に数日かかる場合はディスカウントが行われる仕組みだ。同サイトに登録されたさまざまな書店によるお勧めの1冊を知ることができるので、自分好みの書店を見つけるのにも便利なサービスといえる。

https://uk.bookshop.org

ロンドンのこだわり書店9件

考えるヒントが詰まった宝箱❶ Libreria Bookshop

壁いっぱいの鏡でスペースを広く見せているリブレリアの店内壁いっぱいの鏡でスペースを広く見せているリブレリアの店内
壁いっぱいの鏡でスペースを広く見せているリブレリアの店内壁いっぱいの鏡でスペースを広く見せているリブレリアの店内

ロンドン東部ブリック・レーンを1歩入った通りにある書店リブレリア。アルゼンチンの鬼才ホルヘ・ルイス・ボルヘスの短編小説「バベルの図書館」にインスパイアされたという店内は、曲がりくねった黄色い書棚と奥の鏡のせいで、一瞬迷宮に入り込んだような錯覚に陥る。コンパクトな店内に張りめぐされた棚には、政治から詩集までジャンルを問わず現代社会を考えるためのヒントが詰まった本が並ぶ。

スタッフに加え月替わりのブック・キュレーターによるお勧めが並ぶ本棚もあり、お気に入りの1冊を時間をかけて選びたいと思わせる。明るすぎない照明や小さなソファー・スペースがこじんまりしてフレンドリーな雰囲気を醸し出しているが、携帯電話の電源は切ってほしいとの張り紙もある通り、店内は静寂に包まれている。夜には不定期で詩の朗読会その他のイベントもあり。毎月スタッフの選んだ1冊が手元に届くサブスクリプション・サービスも行っている。

65 Hanbury Street, London E1 5JP
Tel: 020 3818 3240
火~土 10:00-18:00 日 12:00-18:00
Liverpool Street駅
https://libreria.io

平和主義を勉強する❷ Housmans

ハウスマンズでは「独裁者に立ち向かう方法」がスタッフのお勧めハウスマンズでは「独裁者に立ち向かう方法」がスタッフのお勧め

キングス・クロス駅からほど近い、政治や社会情勢関連の本を専門にする書店。ラジカル・ブックショップと名乗る通り、ストライキやデモを応援するだけではなく、実際に行動を起こすための書も目に付くほか、LGBTQ関連、差別や搾取など、現代社会のあらゆる問題に触れた本が並ぶ。

それもそのはず、同店は「平和誓約連合」(Peace Pledge Union=PPU)という英国を拠点とした平和主義を推進する非政府組織が運営する店。その歴史も古く、第二次世界大戦直後の1945年にオープンした。店名であるハウスマンズは、PPUを支援していた英劇作家でイラストレーターのローレンス・ハウスマン(1865~1959年)から来ている。PPUのモットーは、「いかなる種類の戦争も支持しないことを決意し、全ての戦争の原因を取り除くために努力する」。国内外であらゆる問題や紛争が起きている現在、店には解決のヒントを求めて多くの人が訪れている。

5 Caledonian Road, London N1 9DX
Tel: 020 7837 4473
月~土 11:00-18:30 日 12:00-18:00
King’s Cross St. Pancras駅
https://housmans.com

アートの今を知る❸ Artwords Bookshop

店内も外も人でにぎわうブロードウェイ・マーケットのアートワーズ店内も外も人でにぎわうブロードウェイ・マーケットのアートワーズ

ロンドン東部のブロードウェイ・マーケットはインディペンデント系書店の激戦地だが、アート系で雑誌も置いているのがアートワーズ・ブックショップ。ショーディッチのリヴィングトン・ストリートにあった本店が閉店となり、現在はブロードウェイ・マーケット店のみの運営となっている。センスの良いアート・ブックが並ぶほか、LGBTQなど今気になるトピックの書籍が店の中央に平積みに置かれ、店内はいつも若い人たちでにぎわう。

マーケットのある土日は特に混雑するので、ゆっくり本を選びたい場合は平日がお勧め。夜の8時まで営業しているので学校や仕事帰りでも立ち寄れる。また同店はアートワーズ・プレスという出版社も持ち、まだ数は多くはないものの、アーティストたちの著作を出版している。同店のように、小売業だけではなくインディペンデント・レーベルという形で自ら本も作る道を選ぶ書店は、これからも次第に増えていく可能性が高い。

20-22 Broadway Market, London E8 4QJ
Tel: 020 7923 7507
月~金 9:00-20:00 土・日 10:00-18:00
London Fields / Cambridge Heath駅
www.artwords.co.uk

古き良きロンドンに浸る❹ Bookmongers

かつては野良猫だったというポパイが店番をするブックモンガーズかつては野良猫だったというポパイが店番をするブックモンガーズ

1992年の創業以来、ブリクストンの街の移り変わりを見つめてきたブックモンガーズは、品ぞろえの豊富な古本屋。縦横無尽に置かれた書籍は哲学からSFまでどのジャンルもツボを押さえたセレクトだ。独特のボヘミアン的な店の雰囲気が魅力の一つで、看板猫のポパイが店内をゆっくりと徘徊する中で本を選ぶ時間は、せわしない日常を忘れさせてくれる。店の1番奥には隠れ家のような児童書スペースがあり、ソファーに座りポパイをなでながら本のページをめくることもできる。

店主のパトリック・ケリー氏は、20代のときに米東部ボストンからやってきてブリクストンの魅力に取りつかれ、そのままこの地で店を開いたという経歴の持ち主。ブリクストン愛にあふれるケリー氏の店は、昔と今のブリクストンの良さを伝える、コミュニティーのハブともなっている。なお、店の看板に犬の絵が描かれているのは、かつてローザというテリアが店を守っていたからだそう。

439 Coldharbour Lane, London SW9 8LN
Tel: 020 7738 4225
月~土 10:30-18:30 日 11:00-17:00
Brixton駅
https://bookmongers.com

本好きたちの隠れ家❺ John Sandoe Books

本好きが住みたくなるような空間、ジョー・サンドー・ブックス本好きが住みたくなるような空間、ジョー・サンドー・ブックス
本好きが住みたくなるような空間、ジョー・サンドー・ブックス本好きが住みたくなるような空間、ジョー・サンドー・ブックス

サーチ・ギャラリー近く、キングス・ロードを1歩入った小道にある英国らしい書店ジョン・サンドー・ブックス。まるで蔵書で埋め尽くされた読書家の住まいのようなこの店は、1957年の創業以来熱狂的なファンを持ち、その中には作家も少なくないとか。某劇作家からは「最近出た本をチェックするなら、この店のテーブルに置かれた本を見るのが1番」とまでいわれ、スタッフの感性と目利き能力には定評がある。

扱うジャンルは多岐にわたり、その数3万冊。スペースの関係で平積みになっている本は、1冊取りのけたら下から違う本が出てくることも。狭い木製の階段を上がると木の床にカーペットが敷かれ、ここにも本棚が立ち並ぶ。ロンドンのほかの書店に比べて翻訳文学が充実しているとされ、詩に関する書籍も多数。本選びに迷ったらスタッフに声を掛けてみよう。出合うべき1冊を紹介してくれるかもしれない。サブスクリプションなども行っている。

10-12 Blacklands Terrace, London SW3 2SR
Tel: 020 7589 9473
月~土 9:30-17:30 日 11:00-17:00
Sloane Square駅
https://johnsandoe.com

イベントも盛りだくさん❻ London Review Bookshop

ロンドン・レビュー・ブックショップは話題の本が探しやすいロンドン・レビュー・ブックショップは話題の本が探しやすい

大英博物館から一足のところにあるロンドン・レビュー・ブックショップは、隔週発行の書評誌「ロンドン・レビュー・オブ・ブックス」が2003年に創立した書店。明るく見やすい店内にはフィクション系を中心に2万冊が置かれ、日本をはじめとしたアジアの作家の翻訳本も多い。夜には作家を招いたトークやサイン会、レクチャーなどのイベントがあり、かつては川村元気氏も登壇し自著について語ったことも。地下には演劇関係の書籍や詩集のほか、バーゲンと札の付いた値引き本がある。

また、不定期でポッドキャストも配信しており、作家へのインタビューなど興味深いプログラムがある。併設されたカフェも人気で、特に2週間ごとに変わる季節感にあふれたランチ・メニューには定評がある。ここでは基本的に書店の本を買う前に読むことができることになっているが、席が空くのを待つ人が出るほど混み合うランチタイムの読書は避けた方が無難だ。

14 Bury Place, London WC1A 2JL
Tel: 020 7269 9030
月~土 10:00-18:30 日 12:00-18:00
Holborn/Tottenham Court Road駅
www.londonreviewbookshop.co.uk

地域コミュニティーに密着❼ Pages of Hackney

隠れ家のようなページズ・オブ・ハックニーの地下スペース隠れ家のようなページズ・オブ・ハックニーの地下スペース

2008年にオープンした小さな書店、ページズ・オブ・ハックニーは、フィクション、政治、フェミニズム、エッセイ、哲学、心理学、児童書など、さまざまなジャンルの本を販売している。その店名からも分かる通り、同店が目指すのは、本によって多様性やインクルージブネスに関する意識向上を推進し、地域を居心地の良いコミュニティーにすること。バックグラウンドの異なる地域住人一人ひとりに、「ここは自分のための書店だ」と感じてもらいたいと考えているのだそう。インディペンデント=少数派の書店ではなく、多様性の大切さに共感する全ての人たちのためにある書店、という発想だ。

また、出版において疎外されがちな著者の声にプラットフォームを提供するということで、地下で作家のトーク・イベントやブック・グループの集まりなどを開催。この地下はふだんブック・キュレイターによるお勧め本が並び、ソファが置かれた隠れ家的スペースだ。

70 Lower Clapton Road, London E5 0RN
Tel: 020 8525 1452
月~金・日 11:00-18:00 土 10:00-18:00
Hackney Central駅
www.pagesofhackney.co.uk

アナーキズムを学ぼう❽ Freedom

さまざまな団体のチラシやポスターが置かれたフリーダムの店内さまざまな団体のチラシやポスターが置かれたフリーダムの店内
入口には頑丈なドアが設置入口には頑丈なドアが設置

ロンドン東部、ホワイトチャペル・ギャラリー脇の暗い路地を1歩入ったところにひっそりと存在するフリーダム。まるでタトゥー・ショップのようにも見える外観だが、その実態は1886年から続くアナーキストのための機関紙「フリーダム」(2014年からはオンライン版のみ)や関連書籍を発行する出版社の経営する書店だ。1993年にはネオ・ファシスト集団から火炎瓶を投げつけられ、2013年にも放火されるなどの被害を受けたため、現在は窓ガラスやドアに鉄格子を取り付け物々しい入口になっている。

だが、思いのほか広い内部には、歴史や哲学、労働者の闘争、反ファシズムの本が並ぶほか、新聞やパンフレットなどが整然と置かれており、日本人が突然ふらりと入っても特に違和感はない。また、さまざまな政治スローガンの入った Tシャツ、バッジ、CD、ポスターも扱っているので、英国の労働運動の歴史を学びたい方は、ハウスマンズと共に訪れてみたい書店だ。

Angel Alley, 84b Whitechapel High Street, London E1 7QX
Tel: 0756 516 0446
月~土 12:00-18:00 日 12:00-16:00
Whitechapel駅
https://freedompress.org.uk

ペッカムのオアシス❾ Review Bookshop

ゆっくり本を選べる雰囲気のレビュー・ブックショップ。足元は人工芝ゆっくり本を選べる雰囲気のレビュー・ブックショップ。足元は人工芝

もともとはアフリカからの移民が多いとされながら、家賃の安さから若者たちが引越してきたことで最近注目度が増している、ロンドン南部ペッカムにあるレビュー・ブックショップ。同地に長年暮らすロズ・シンプソン氏が「全財産を投げうって」2005年にオープンした。こじんまりとした店内には自然光が降り注ぎ、明るく落ち着いた雰囲気。話題書はもちろん、現代文学と政治を中心に、スタッフが良いと思う本だけが丁寧に選ばれている。近年のロンドンでは小さな出版社が良質の海外文学を英訳出版することが増え、同店ではそうした本を積極的に紹介しているとのこと。

また、モレスキンのノートやバースデー・カード、ラッピング用の紙などもあり、書籍を誰かにプレゼントしたいと思ったらこの店だけで用事が済む。床は座り込んでしまいたくなる人工芝生。ドッグ・フレンドリーをうたっているので、芝生は顧客の連れてくる犬にも喜ばれているのかもしれない。

131 Bellenden Road, London SE15 4QY
Tel: 020 7639 7400
水・金・土10:00-17:00 木 12:00-17:00 日 11:00-16:00
Peckham Rye駅
www.reviewbookshop.co.uk
 

この記事を気に入っていただけたら、ぜひ任意の金額でサポートをお願いします。

  • Facebook

*本文および情報欄の情報は、掲載当時の情報です。

Dr 伊藤クリニック, 020 7637 5560, 96 Harley Street お引越しはコヤナギワールドワイド 不動産を購入してみませんか LONDON-TOKYO 日系に強い会計事務所 グリーンバック・アラン

JapanHouse_202402 JRpass

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
ロンドン・レストランガイド
ブログ