日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが最優秀賞を受賞いたしました!
Sat, 16 December 2017

ロンドンのサンドイッチ

時間のない昼休みにささっと片手でお手軽に食べられるランチの代名詞、サンドイッチ。
しかし近年では、高級食材を使ったり、具材とパンの相性に
とことんこだわるサンドイッチが レストランやカフェでいただけるようになってきた。
今回ご紹介するのは、お手ごろ価格ながらそれぞれのお店の思いが
ぎゅっと詰まったサンドイッチの数々。
昔懐かしの惣菜パンから、お酒のお供にぴったりのトースティーまで、
ゆっくり噛み締めて味わいたくなる品々をどうぞ。

取材:加藤 久美子 Lundenwic、Dirty Bones、Loves Company
   茂成 真遊 Smack Lobster Roll、WA cafe

彩り豊かなお洒落サンドとその仲間たち
Lundenwic

LundenwicBeer Braised Onion Kale +Cheddar £5
LundenwicScotch Egg £3.95
LundenwicSalads £6 / Latte £2.8
Lundenwic店内
Lundenwic2015年8月にオープン
Lundenwicお店の外観

白を基調とするこざっぱりとした店内は、椅子に腰かけるだけで清々しい気分に。天気の良い日はガラス張りの入り口から暖かい光が差し込む。以前はバラ・マーケットに門戸を構えるスコッチ・エッグ専門店で働いていたドミニク・ハムディーとオリバー・ヒアムによって、2015年8月にオープンしたというこちらのカフェ、メニューにはもちろん熟練の技により作られたまんまるのスコッチ・エッグが。

1番人気のサンドイッチは、コベント・ガーデンにあるベーカリーから仕入れる、サワードウという独特の風味を持つパンに、ビールで蒸した黄金色の玉ねぎとケール、チェダー・チーズを挟んだもの。一口かじると、こんがりと焼き上げられたパンがカリッと小気味の良い音を立て、濃厚なチーズが甘めの玉ねぎとケールを包み込んで口いっぱいに広がっていく。スパイスの利いたスコッチ・エッグとの相性も抜群だ。

info

Lundenwic
45 Aldwych, London WC2B 4DW
Covent Garden駅より徒歩7分
月~金 7:00–19:00 土 10:00–16:00
http://lundenwic.com

ロブスターの海に溺れる
Smack Lobster Roll

Smack Lobster RollLobster Chowder £5 / Classic Roll £10
Smack Lobster RollLobster Salads £10
Smack Lobster Roll店内
Smack Lobster Rollお店の外観

メニューすべてが20ポンドの均一料金でおいしいロブスターが楽しめると評判の「バーガー・アンド・ロブスター」、その姉妹店がソーホーにある。こちらはさらに安い10ポンド均一での提供だ。定番の「クラシック・ロール」は、一見ロブスターが主役のようでそれを支えるパンも格別。キツネ色にトーストされたブリオッシュ生地はつやつやと光り、一口かぶり付くともう止まらない。噛めば噛むほど口の中いっぱいに広がるバターの風味と生地の甘み。そこにぷりぷりとした新鮮なロブスターとあっさりとしたマヨネーズが絡まり合う。

夢中で食べ進めながらもついつい「ああ、食べ終わってしまいたくない」と感じるだろう。サイドには「ロブスター・チャウダー」もお忘れなく。ロブスターの濃いエキスが染み出たコクのあるスープはサンドと一緒に食べるにもぴったりだ。全5種類からなるサンドイッチに加え、サラダ・メニューも人気。

info

Smack Lobster Roll
58 Dean Street, London W1D 6AL
Piccadilly Circus駅から徒歩5分
☎ 020 3637 4903
月 12:00–20:00 火〜木 12:00–22:00 金〜土 11:00–22:00 日 11:00–20:00
http://smacklobster.com

ノスタルジックな味を楽しみたいなら
WA cafe

Wa CafeChicken Katsu Sandwich £5.50 (T/A £5)
Wa CafeEgg Mayo Sandwich £5.50 (T/A £5)
Wa CafeMatcha Roll £4.10 (T/A £3.60)
White Sesame Cheesecake £4.30
(T/A £3.80)
Wa CafeMatcha Latte £2.90
Wa CafeKaraage Mini Roll £3.10 (T/A £2.80)
Wa Cafe店内

懐かしの惣菜パンやほんのり甘い日本のケーキが恋しくなることはないだろうか。そんなときにはロンドン西部に位置するWA cafeへ。お勧めの「たまごサンド」はシンプルながらもこだわりの光る一品。有機卵をたっぷり使用した黄金色の卵を、栄養価の高いコーンミールを練りこんでふんわりと焼き上げたパンが包み込む。身体にも優しい味をじっくり堪能してほしい。

天気の良い日は、唐揚げやかぼちゃコロッケなどの惣菜がサンドされた「ミニ・ロール」をテイクアウトして、ピクニックに繰り出すのもありだろう。ここを訪れたらケーキも欠かせない。迷ったらぜひ「白ゴマのチーズケーキ」を。白ゴマとレアチーズの相性の良さと濃厚な味わい、そこに黒ゴマのビスケット・ベースの香ばしさが相まって絶妙なハーモニーを醸し出す。ドリンク・メニューも豊富。抹茶ラテやユズ茶でほっと一息ついて癒されよう。

info

Wa cafe
32 Haven Green, Ealing, London W5 2NX
Ealing Broadway駅から徒歩2分
☎ 020 8991 7855
月~金 8:00-18:00 土 8:30-18:00 日・祝 9:30-18:00
www.wacafe.co.uk

手間暇かけた豪快肉サンド
Dirty Bones

Dirty BonesThe Mac Daddy £10
Dirty BonesDirty Dog £9
Dirty BonesDirty £5.50
Dirty BonesMilk & Cookies £5
Dirty Bones店内

NYスタイルを意識したという店内は、オレンジ色の光で満たされた暖みのある空間。店内にはバーが併設されており、カクテル・メニューが充実している。木~土曜日には、DJブースを使用したイベントが開催されることも。お客さんをお腹いっぱい満足させたいと、アメリカン・ソウル・フードを提供するお店の大人気メニューは、「ザ・マック・ダディー」というハンバーガー。

こだわりは、骨髄とリブ・アイ・ステーキのみで作られた特製パテ。歯切れ良く、荒めにカットされたミンチの肉々しさがたまらない。自家製のBBQソースとマカロニ入りのチーズ・ソースがパテと一体となり、味覚にストライクの直球を投げ掛ける。粒マスタード入りソーセージを豪快に載せた「ダーティー・ドッグ」もお忘れなく。ファストフードでありながら、調理前に念入りな下準備を行うことで、ご褒美に食べに行きたくなるような食事へと昇華する。満足できること請け合いだ。

info

Dirty Bones
Top Floor, Kingly Court, Carnaby Street, London W1B 5PW
Oxford Circus駅より徒歩5分
☎ 020 7920 6434
月~木 12:00–0:00 金 12:00–0:30  土 11:00–0:30 日 10:00–23:00
http://dirty-bones.com

サンドイッチを肴に一杯いかが?
Loves Company

Loves CompanyJamon Eileen £5.5
Loves CompanySink the Pink £8
The Reclining Lotus £11.50
Loves Companyおすすめカクテルを尋ねてみよう
Loves Company店内
Loves Companyお店の外観

トースティーはあくまでカクテルの引き立て役。そう語るオーナーは、トーストを使ったサンドイッチ、トースティーをカクテルのお供に選んだ理由を、皆になじみがあって、お手軽だからと言う。初めはこの理由が腑に落ちなくても、一口かじれば合点するはず。人気の「ハモン・アイレン」は、存在感のあるグロスター産チーズの濃密なうまみを中心に、かじるたびにチョリソーのピリっとしたアクセントや、パイナップルの控えめな甘みが加わり、酒のつまみとして計算された味だと気付く。

10種類以上あるトースティーは、盛り付けにも嗜好を凝らしており、スタイリッシュな雰囲気作りに一役買っている。お店自慢のカクテルは目にも鮮やか。メニューに掲載されているのは20種類ほどだが、実際は100種類以上のレパートリーを抱えているそう。好きなカクテルがあればそちらを、なければお勧めを尋ねて、サンドイッチとのマリアージュを楽しんでみよう。

info

Loves Company
104-122 City Road, Shoreditch, London EC1V 2NR
Old Street駅より徒歩1分
☎ 020 7253 3777
日~水 12:00–23:00 木 12:00–0:00  金・土 12:00–翌2:00
 
  • Facebook

*本文および情報欄の情報は、掲載当時の情報です。

日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが受賞いたしました! 2018年 カレンダー販売
Baroque Hair and Nails
バナー バナー バナー バナー

暮らしの手引き ロンドン・レストラン・ガイドブログJapan Digestゲンダイゲストハウスライター&翻訳者募集

UK便利ガイド検索

カテゴリ選択
City / County
エリア
バナー