instagram Facebook ツイッター
ロンドン生活便利サイト neconote
Wed, 17 July 2019

持続可能な選り抜き移民制度

キャメロン政権に移行して以来、政府は厳しい移民削減政策を敢行しており、欧州経済領域(EEA)国の出身でない私たち日本人は、その政策に多大な影響を受けています。

そして先月2日には、ダミアン・グリーン移民担当閣外相が、新たに「持続可能な選り抜き移民制度」を構築していくことで、最も優秀な人材だけが移民として英国に受け入れられるよう、今後も移民削減政策を推し進めていくと改めて明言しました。

同相はこの席で、移民関連の討論がさらに盛り上がりを見せることを望んでいるとともに、移民制度がどういった形でなら英国の国益となり得るのか、といった議題について、世論がますます形成されていくべきだとしました。

さらに、英国が必要としない移民の流入を制限すると同時に、英国が望む優秀な人材を引き付けるため、彼らにさらなる選択肢を用意できるよう改革を進めていくとし、次のように話しました。

「我々は、適切な数の移民を受け入れていくということだけでなく、どんな人々が入国してくるのかを常に把握していなければなりません。これは、英国で生活することで自らの益を得る移民たちについてだけでなく、英国の国益となる移民についても言えることです。

我々は、移民数を削減した上で、今後もこの数をさらに縮小していくことが可能なシステムの基礎を構築しました。移民政策を、英国のためになるものへと変えるときが来たのです」

政府は現在、移民の年間総数を10万人単位から1万人単位に減らすための政策を推し進めています。最近発表された四半期の統計では、EEA諸国以外からの労働者と学生らに対しとった削減政策の結果が、既に出ているとされます。

そして今後まもなく、扶養家族に関するビザにも変更を加えるほか、短期滞在者と永住者の明確な差別化を図る目的で、定住権についての改革も行うとしています。

さらに、学生ビザの悪用を完全に払拭する方針であるほか、高度技能移民の年間総数についても再検討中であるとのこと。また、この政策を長期的に推し進めていくとともに、現在の「ポイント・ベース制」は、今後、英国への「貢献度ベース制」に改められるべきだとしました。

こういった新たな改革は既に始まっています。既に存在する、エンターテイナー、研修生、リサーチャーなど向けのルートと同様に、企業家、投資家、類まれな才能を持つ人材向けには、さらに選択的なルートが考案されています。

また同相は、海外からの留学生向けに、新たなルートを開設することも認めています。このルートは、在学中に革新的な活動を行い、卒業後もその活動を続けることでビジネスを展開していきたいと願う学生たちのためのものです。このほかにも、世界トップクラスのビジネス・パーソンを英国へと誘致するため、短期の就業者及び企業家についても同様の改革を実施するとしています。

移民削減政策によってますます狭き門となる渡英への道。しかし、確固たる目的を持ち、心から渡英を望む人たちにとっては、またとないチャンスとも言えます。準備不足や理解不足でせっかくの機会をふいにすることがないよう、申請手続きは専門家と二人三脚で、着実に進めることをお勧めします。

 
  • Facebook

UKVISAS.COM
OISC 公認アドバイザー
会社プロフィール
ホーム・オフィス推奨のOISC公認アドバイザーとして、移民法、入国審査に関することから、エントリー・クリアランス、労働許可、レジデンスなど、さまざまな英国ビザに関する問題の相談を受け、的確なアドバイスを提供しています。
個々の状況、リクエストに合わせた綿密なコンサルタントを行い、ビザ取得をどのように進めていくか話し合います。 迅速且つ柔軟に対応、最後までビザ取得をトータルにサポートします。日本からの申請に対するアドバイスも歓迎。

81 Oxford Street, London W1D 2EU
最寄り駅: Tottenham Court Road
Tel: +44 (0) 20 3384 0196(ロンドン)
Tel: +81 (0)3 6890 8578(東京)
E-mail: ym@ukvisas.com  |  http://ukvisas.jp
twitter ukvisasjp

*本文および情報欄の情報は、掲載当時の情報です。

初めての治験はHMR
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

英国・ドイツニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト 2019 ロンドン・レストランガイド ブログ