instagram Facebook ツイッター
ロンドン生活便利サイト neconote
Wed, 23 October 2019

外国人に対するビザ関連詐欺が多発

英国国境局の発表によると、英国内に滞在する外国人を標的としたビザ絡みの詐欺事件が多発しています。英国国境局との繋がりをうたったウェブサイトや、同局のスタッフを名乗る人物による電話詐欺などが相次いで報告されており、日本人を含む外国人滞在者は厳重な注意が必要です。

現在報告されている犯罪手口

● 英国内の偽求人情報を掲載するウェブサイト

外国籍を持つ応募者が同サイトを通して申し込むと、「採用が決定した」という主旨のメッセージとともに、英国国境局の偽ウェブサイトへのリンクが送られてきます。リンク先に飛ぶとTier1、Tier2、Work permit といった就労ビザ取得のための料金が提示され、その場での決済が求められます。

撃退ワンポイント
英国国境局など政府関連組織のURL は、「.gov.uk」という文字で終わります。毎回必ず確認するようにしましょう。

● 英国内で就学中の外国人留学生を標的とした電話詐欺

移民局のスタッフを名乗る人物から、電話が掛かってきます。その人物は、電話を受けた学生が所持しているビザのステイタスに重大な問題があることを伝え、強制送還の可能性があることを示唆。これを防ぐためとして、金銭を要求します。

撃退ワンポイント
個人情報に関する質問には一切答えずに、相手が残す電話番号を書き取り、当局や専門家に確認を取りましょう。

● 渡英直後の外国人を標的とした電話詐欺

渡英直後の外国人のもとに、移民局のスタッフを名乗る人物から電話が掛かってきます。電話口の人物は、「英国内での初任給を受け取るまでの期間、自立して暮らしていくための十分な資金があることを証明するため」として、デポジットを要求してきます。

撃退ワンポイント
当局が唐突に金銭を要求してくることはあり得ません。金銭の要求には断固として応じないようにしましょう。


英国国境局は、上記のほかにもまだ把握できていない手口が存在する可能性があるとし、広く注意を呼び掛けています。思い当たる節や不安があれば、速やかに専門家に相談するのが賢明です。

ビザ取得に絡んだ詐欺が発生するのには、外国人に対する政府の締め付けが年々厳しくなり、藁にもすがる思いの外国人が増えているのが関係していると言えるでしょう。

また英会話が比較的不得意で、資金を豊富に所持していると思われがちな日本人は、こういった犯罪の格好の標的とも考えられます。気付かないうちに犯罪者の餌食となり、煩雑な手続きを経たあげくに資金を失っただけ、などということがないよう、ビザの取得手続きは正規ルートで慎重に進める必要があります。ビザの取得後に関しても、現実的にどういった事態の発生があり得るかなどについてあらかじめプロの助言を得ておくことが、英国で安心して滞在するのに大いに役立つはずです。

英国滞在の機会を確実に得るため、そして貴重な滞在期間を安心して過ごすために、ビザ取得に関する手続きは専門家と二人三脚で行うことをお勧めします。

 
  • Facebook

UKVISAS.COM
OISC 公認アドバイザー
会社プロフィール
ホーム・オフィス推奨のOISC公認アドバイザーとして、移民法、入国審査に関することから、エントリー・クリアランス、労働許可、レジデンスなど、さまざまな英国ビザに関する問題の相談を受け、的確なアドバイスを提供しています。
個々の状況、リクエストに合わせた綿密なコンサルタントを行い、ビザ取得をどのように進めていくか話し合います。 迅速且つ柔軟に対応、最後までビザ取得をトータルにサポートします。日本からの申請に対するアドバイスも歓迎。

81 Oxford Street, London W1D 2EU
最寄り駅: Tottenham Court Road
Tel: +44 (0) 20 3384 0196(ロンドン)
Tel: +81 (0)3 6890 8578(東京)
E-mail: ym@ukvisas.com  |  http://ukvisas.jp
twitter ukvisasjp

*本文および情報欄の情報は、掲載当時の情報です。

治験参加者募集エイチエムアール
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ