instagram Facebook ツイッター
Tue, 04 August 2020
バスカー土門の人生相談

土門秀明(どもんひであき)
山形県酒田市出身。バブルガム・ブラザーズのギタリストとして活躍後、渡英。2003年、日本人初のロンドン地下鉄演奏許可証(バスキング・ライセンス) を取得。著書に「地下鉄のギタリストBusking in London」(水曜社)がある。入魂のソロアルバム「From the Underground」 、ライブアルバム「Live in Tube」 も絶賛発売中。2012年5月より「地下鉄のギタリスト 第2章 激闘編」として未発表日記、爆笑ボツネタブログを開設!www.domon.co.uk

最後の言い訳 by 徳永英明

Dear ドモンさん
結婚を前提に付き合っている彼女と同棲を始めようと思っています。ただ、心配ごとが一つ。彼女はあまり英語を話せず、なんでも他人任せにするんです。これまでは頼りにされているみたいで、正直悪い気持ちはしませんでした。でも一緒に住み出して、引越しや電話回線、カウンシル・タックスの手続きなど諸々すべてを僕に任されたら、たまったもんじゃありません。なにか彼女を自立させる方法はありますか。

回答

君たちの愛は既に終わっている(かも)。

確かに君の気持ちは分からないでもない。が、結婚する前からこんなことでは先が思いやられるよ。このコラムの第1回目でも書いていますが、「彼女のために死ねる」という気持ちがなかったら、結婚を考えないでください。彼女が可哀想です。彼女のために引越しや電話回線、カウンシル・タックスの手続きぐらい出来なくてどうするんですか。この先もっとややこしいことや、うっとうしいことが出てきますよ。

で、私の数少ない恋愛経験から言わせてもらえば、そんな風に思い始めた時点で、君たちの関係は修復不可能です。彼女のほうも、薄々それに気付いているはず。そして、ここから大どんでん返しが始まります。なんと彼女に男が出来て、君はフラれてしまうのです。そして、そこで初めて君はことの重大さに気が付くんです。彼女は君にとって、誰も代わりにならないくらい大事な存在だったと……。そうなったらもう後の祭りです。そんなことにならないよう、今、この瞬間から彼女をもっと大切にしてあげてください。。

そんなあなたに
最後の言い訳
by 徳永英明

もやもや病(脳血管障害の一種)で一時は長期休暇中だったが、2005年、全曲女性アーティストの楽曲カバー・アルバム「VOCALIST」で復活。僕のような悲しい結末を迎えないためにも、一度カラオケでこの曲を熱唱して、よ~く考えてみてくれい!

 
  • Facebook

バナー バナー バナー バナー

コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ