instagram Facebook ツイッター
Tue, 20 August 2019
バスカー土門の人生相談

土門秀明(どもんひであき)
山形県酒田市出身。バブルガム・ブラザーズのギタリストとして活躍後、渡英。2003年、日本人初のロンドン地下鉄演奏許可証(バスキング・ライセンス) を取得。著書に「地下鉄のギタリストBusking in London」(水曜社)がある。入魂のソロアルバム「From the Underground」 、ライブアルバム「Live in Tube」 も絶賛発売中。2012年5月より「地下鉄のギタリスト 第2章 激闘編」として未発表日記、爆笑ボツネタブログを開設!www.domon.co.uk

Hard Luck Woman by KISS

Dear ドモンさん
去年日本に本帰国したのですが、土門さんのコラムはいまだにウェブで読んでいます。僕はドラムをやっていて、英国では専門学校でドラムを学びました。日本に帰ってからバンドを結成し、幸運にもデビューの話がきているのですが、レコード会社の意向で、変なヴィジュアル系みたいな格好をさせられそうなんです。それに、ディレクターやプロデューサーも本当に音楽が分かっているのか、いまひとつ信用できません。この話、このまま進めても良いのでしょうか?

回答

結局最後は実力勝負だとは思いますが……。

私も一応音楽やってますし、あなたが言いたいことは身に染みてよく分かりますよ。でもね、結局CDを買うのはほとんど素人なんです。プロ・ミュージシャンや専門家も、自分たちの好みのCDなんかは手に入れると思いますが、実際に彼らがお金を出して新人バンドのCDを買うことは稀です。なので始めは素人にも分かるよう、ヴィジュアルやこけおどしで責める手法は、あながち否定できないと思うんです。

かのビートルズも、デビュー当時はマネージャーの思惑でマッシュルーム・カットにされたし、大御所ハードロック・バンドのキッスだって、歌舞伎役者みたいなメイクで売り込まれました。今では伝説になってるような日本のバンドにだって、いっぱいそんな例はありますよ。なので、あなたの言いたいことは百も承知ですが、「商業的」に成功させるためには、それなりの策というものが必要だと思うんです。しかしながら、ある程度の実力がないと後が続かないのも事実、いろいろと難しい世界だと思いますよ。

そんなあなたに
Hard Luck Woman
by KISS

「デトロイト・ロック・シティ」の方が一般的に有名かもしれませんが、あえてドラムのピーター・クリスが歌ったこの曲をおすすめ。ハスキー・ボイスがしびれます。爆音のイメージがあるキッスですが、こんなアコースティックな名曲もあるんですよ。どうしても納得がいかないのであれば、星一徹のようにちゃぶ台ひっくり返してくれい!



土門さんセレクションの音楽を収録した
アルバム一覧はこちら →
Amazon.co.jp - Eikoku News DigestのaStoreへ Amazon.co.uk - Eikoku News DigestのaStoreへ


 
  • Facebook

初めての治験はHMR
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

英国・ドイツニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト 2019 ロンドン・レストランガイド ブログ