instagram Facebook ツイッター
Sat, 17 August 2019
バスカー土門の人生相談

土門秀明(どもんひであき)
山形県酒田市出身。バブルガム・ブラザーズのギタリストとして活躍後、渡英。2003年、日本人初のロンドン地下鉄演奏許可証(バスキング・ライセンス) を取得。著書に「地下鉄のギタリストBusking in London」(水曜社)がある。入魂のソロアルバム「From the Underground」 、ライブアルバム「Live in Tube」 も絶賛発売中。2012年5月より「地下鉄のギタリスト 第2章 激闘編」として未発表日記、爆笑ボツネタブログを開設!www.domon.co.uk

人生いろいろ by 島倉千代子

Dear ドモンさん
老婆心ながら意見がございます。英国に来ていらっしゃる最近の学生さんを観ていますと、本当に勉強をしに来ているのかどうか、よく分からないような方たちをお見受けします。日本語しか使わないような環境でアルバイトをしていたり、外国人の恋人作りを目的に来ているような女性も……。土門さんはこういう学生さんたちをどう思いますか?私に代わって、ぜひ一言ガツンと説いてやって下さい。

回答

「人間万事塞翁(じんかんばんじさいおう)が馬」なんて諺もあるしねー。

ちなみに、ここに出て来る「人間(じんかん)」とは、人間(にんげん)のことではなく、世間(せけん)という意味らしいっす。まあ人生いろいろですから、何が幸いするか分かりませんよ。僕の友人でも、昔英国でさんざん遊んでいた女性がいましたけど、英国人の恋人と結婚して幸せに暮らしてますし、現在もご主人と協力して仕事をしていて、世界中を飛び回って活躍してますよ。

確かにあなたが言うように、アッパラパーな子もいますよ(暴言すまん。って、いつものことか?)。でもね、どう進展していくか、最後にはどうなるかなんて、誰も分かりませんからね。英国で勉強はサボってしまったけれど、生涯の大親友となる人と出会うかもしれませんし、将来の仕事のヒントが見つかるかもしれません。ここはひとつ静かに見守って、彼らの未知の可能性に期待してみてはどうでしょうか?

そんなあなたに
人生いろいろ
by 島倉千代子

本当は曲を「Time of Your Life」にしたかったんですが、バンド「Greenday」の曲は以前出しちゃいましたからね(俺って結構律儀?)。島倉さんも借金地獄になっちゃったりして人生波瀾万丈ですよねえ。今回はちょっと若者に甘い回答だったかもしれません。これを読んでる若者たちよ、心配されないよう頑張ってくれい!



土門さんセレクションの音楽を収録した
アルバム一覧はこちら →
Amazon.co.jp - Eikoku News DigestのaStoreへ Amazon.co.uk - Eikoku News DigestのaStoreへ


 
  • Facebook

初めての治験はHMR
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

英国・ドイツニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト 2019 ロンドン・レストランガイド ブログ