instagram Facebook ツイッター
Wed, 17 July 2019
バスカー土門の人生相談

土門秀明(どもんひであき)
山形県酒田市出身。バブルガム・ブラザーズのギタリストとして活躍後、渡英。2003年、日本人初のロンドン地下鉄演奏許可証(バスキング・ライセンス) を取得。著書に「地下鉄のギタリストBusking in London」(水曜社)がある。入魂のソロアルバム「From the Underground」 、ライブアルバム「Live in Tube」 も絶賛発売中。2012年5月より「地下鉄のギタリスト 第2章 激闘編」として未発表日記、爆笑ボツネタブログを開設!www.domon.co.uk

走れコウタロー by ソルティー・シュガー

Dear ドモンさん
塩辛いものが大好きです。体に悪いとは分かっているのですが、薄味だと物足りなく感じてしまい、何にでも塩をかけて食べてしまう癖があります。薄く味付けした料理でも、しばらく食べていると塩味が無性に欲しくなって、禁断症状が出そう……。どうしたら、薄味が好きになれるんでしょうか。

回答

中途半端なことしてるからやめられないんですよ。

そんなに塩辛いものが好きなら、毎日3食、塩辛いものを食べ続ければいいんですよ。そしたらそのうち飽きるか、体壊しますよ。人間痛い目に遭わないと分からないんです。私も去年、日本のカレーにハマってしまい、そればっか食べてた時期ありましてね。私一人暮らしなんで、1回カレー作ると大体3日間はカレーばっかりの生活になってしまうんです。冷凍すれば保存がきくから、小分けにしとけばって言う人もいますけど、味落ちちゃいますし、冷凍なんてそんなケツの穴の小さいことできませんよ(意味不明)。で、週3回カレー、目玉焼きや納豆には醤油たっぷり、味噌汁は超濃いめ+粉末だし追加、なんてやってたら、ある日、心臓苦しくなって全部やめちゃいましたよ(生活習慣病?)。最近は毎日、病院食みたいなもの食ってます(涙)。

なんかタバコやめさせるときも、そんな治療方法あるみたいですよ。「もう吸えないー!」って言うまで吸わせるんだそうです。そうすると、もう二度と吸いたいと思わなくなるらしいですよ。なので、もう塩でも何でもガンガンぶっかけてください。1日3食それやってたら、きっと薄味の物食べたくなりますよ。

そんなあなたに
走れコウタロー
ソルティー・シュガー

1970年発売。塩辛いものが好きということで「ソルティー・シュガー」なんですが、内容的には全然関係ないです。でも当時ミリオンいってますし、コミック・ソングにしては完成度高いので要チェックです。「3食、塩辛いもの食べ続ければ?」っていうのは半分冗談ですから。薄味でも上質のだしで調理されたものは結構いけると思うので、レシピを研究してくれい!


土門さんセレクションの音楽を収録した
アルバム一覧はこちら →
Amazon.co.jp - Eikoku News DigestのaStoreへ Amazon.co.uk - Eikoku News DigestのaStoreへ

 
  • Facebook

初めての治験はHMR
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

英国・ドイツニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト 2019 ロンドン・レストランガイド ブログ