instagram Facebook ツイッター
Sun, 15 September 2019
バスカー土門の人生相談

土門秀明(どもんひであき)
山形県酒田市出身。バブルガム・ブラザーズのギタリストとして活躍後、渡英。2003年、日本人初のロンドン地下鉄演奏許可証(バスキング・ライセンス) を取得。著書に「地下鉄のギタリストBusking in London」(水曜社)がある。入魂のソロアルバム「From the Underground」 、ライブアルバム「Live in Tube」 も絶賛発売中。2012年5月より「地下鉄のギタリスト 第2章 激闘編」として未発表日記、爆笑ボツネタブログを開設!www.domon.co.uk

ブルドッグ by フォーリーブス

Dear ドモンさん
今年で20歳になる男子学生です。英国で音楽の話をすると、いまだにビートルズの話題がよく出てくるので、やっぱりすごいバンドだったのだなあと実感しています。私は彼が活躍した当時のことをよく知らないのですが、ビートルズって本当にそんなにすごかったのでしょうか。ほかのバンドとの一番の違いって何ですか。 

回答

「彼」って? ビートルズは4人組なんですけど……。

え、ビートルズの話題なんか出てきますかね。英国以外から来た人たちの間では話題になるかもしれませんが、英国人結構忘れてますよ。昔、英語学校の授業のクイズで「ビートルズは何人でしょう?」ってのが出て、私が即座に「4人!」て答えたんですけど、ロンドン生まれのエミリー先生は「3人でしょー」なんて抜かしやがりましたよ(怒)。ビートルズって英国人には懐メロみたいなもので、あんまり興味無いみたいですよ。日本のアーティストに例えると「フォーリーブス」とかでしょうか(違うか?)。

てか、すごいバンドって実感してんだったら、投稿する前にボックス・セットでも買って全曲聴きなさいよっ。そんでもって私に分からないとこ聞きなさいよっ!(なぜオネエ言葉?)。恐らく最初は、ほんの一部しか理解できないと思いますけど、おいおいと分かってきますよ。かく言う私も、本当のすごさが分かってきたのは、音楽を20年続けて、自分でレコーディングとかやってからですから。ま、語り始めると長くなるんで、こんぐらいにしておきますけど、レコードやCD、DVD以外にもたくさんの書籍が出版されているので、まずは自分で研究してください。

そんなあなたに
ブルドッグ
フォーリーブス

1977年発売。本当はビートルズの曲にしたかったんですが、過去に出てますから「♬ニッチもサッチもどぉーにもブルド〜ッグ!♬」ということでこの曲です(笑)。個人的には「ホワイト・アルバム」(この呼び方は通称で、正式名称は「The Beatles」といいます)がお勧めなんですけど、初心者はベスト盤か「Abbey Road」あたりから攻めてくれい!



土門さんセレクションの音楽を収録した
アルバム一覧はこちら →
Amazon.co.jp - Eikoku News DigestのaStoreへ Amazon.co.uk - Eikoku News DigestのaStoreへ


 
 
  • Facebook

キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ